アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > 状態に合わせたアトピー快適スキンケア

状態に合わせたアトピー快適スキンケア

ユーザー2


  • この状態は、感染症による赤みと炎症が見られる状態です。皮膚を曲げると痛みを伴うこともあります。また、水分系アイテムがしみて刺激を感じやすい状況です。まず、水分系アイテムがしみる場合には、オイル系アイテムで保護してから、保水と保湿を行うようにしましょう。保水、保湿、保護をしっかり行うことが大切です。また、痛みが強い場合には、スキンケアで対応できないこともありますから、適切に病院を受診して感染症の治療を行うようにしましょう。


  • この状態は、主にステロイド剤によるリバウンド症状で多く見られます。ジュクジュクした炎症部位は、感染症を伴っていて、関節は痛くて曲げづらい状況でしょう。痛みが強い場合には、感染症の治療を先に行う必要があります。スキンケアは、体液が出ている状態ですので、保水よりも保護から始めましょう。チュビファーストによる保護も効果的です。ジュクジュクした炎症が乾いてきたら、保水と保湿を加えていくようにしましょう。


  • この状態のスキンケアで適切にできていないケースは、主に「保護」が足りない場合です。感染症は掻き壊すことで、周囲の部位に広がりやすいため、まずは感染症の部位を適切に保護することが大切です。チュビファーストなどで、患部を外気から覆うのと同時に(外部からの刺激を減らす)、感染症の部位から、他の部位に感染症が広がらないように予防することも大切です。また、水分がしみると、「洗う」ことがおろそかになることもあります。しかし、こうした感染症の部位は、適切な洗浄、そして適切なスキンケアを行わないと、回復までに時間を要することもあります。洗浄剤(石けんやボディソープ)が、しみて使いづらい場合には、温泉などで洗い流すだけでも行うようにしましょう。また、浸みる状態が減ってくれば、APゼロウォッシュのように、界面活性剤が含まれない洗浄剤であれば使えることもあります。感染症への対策、ケアはしっかり行いましょう。





アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビモバイル facebook