アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > 初夏のアトピーケアの ポイントとは?

初夏のアトピーケアの ポイントとは?

ユーザー2


  • 紫外線も、アトピー性皮膚炎に とっては「大敵」です。  
    特に、ダメージが残っている状態 の肌は、紫外線の影響を受けやすく、 注意が必要です。  皮膚の「防衛機能」は主に、ラ ンゲルハンス細胞が司令塔の役割を もって担っています。紫外線は、こ のランゲルハンス細胞にダメージを 与え、皮膚の防衛機能を低下させ ます。  
    防衛機能が低下すると、皮膚の 細菌叢が乱れ、バリア機能が低下し たり、黄色ブドウ球菌が多くなると、 排出するデルタ毒素が体内のIgE を増強、アレルギー的な要因を作り 出すことにも繋がってきます。  
    いっとき問題になっていたオゾン 層を破壊する物質の大気中の濃度 は、各国が対策を行ってきたことで 緩やかに減少傾向にあるようです。 また地球温暖化の影響も成層圏に おけるオゾン層の回復に役立ってい るようですが、2014年に公表さ れた「オゾン層破壊の科学アセスメ ント:2014」によると、大気中 のオゾン層破壊物質の濃度が現在よ りも減少すると予想されているのは 21世紀後半頃のようです。  
    したがって、現在はまだ、紫外線 の影響は比較的強いものがあり、ア トピー性皮膚炎の方は意識して、「紫 外線の対策」を行うべきであると言 えるでしょう。  
    特に乳幼児、小児は、外で遊ぶ 機会があっても、紫外線に対する意 識はさほど高くない現状がありま す。しかし、紫外線による影響は、 ある意味「蓄積」するとも言われて いますので、今の時代、年齢に関係 なく紫外線対策は行っておくべきで しょう。




アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビモバイル facebook