アトピー治療ならあとぴナビホームスペシャルナビ > あとぴナビ/スペシャルインタビュー

あとぴナビ/スペシャルインタビュー

ユーザー1
取材・文/平川友紀、撮影/橋詰芳房




PROFILE
1975年東京生まれ。本名は根津俊弘( ねづとしひろ)。東洋大学法学部卒。 友人とコンビを組み、浅草漫才協会に入会。コンビ解散後、2004年に木曽 さんちゅうと「W・コロン」を結成した。日頃から芸人仲間でなぞかけ遊びをし ていたところ、スピードワゴンのラジオ番組でなぞかけのうまさを取りあげられ、 漫才になぞかけを取り入れ始める。特技は柔道。趣味は野球観戦となぞかけ。
  • 今年大ブレイクを果たしたWコロンのねづっちさん。「整いました!」の名フレーズから始まり 「ねづっちです!」と締められる即興なぞかけの絶妙さと驚異的なスピードとが大人気です。 社会現象とまでいわれている空前のなぞかけブームを巻き起こしたねづっちさんに、 大ブレイクまでの道のりと今後の目標についてお聞きしました。

  • 見ているだけですっかり癒されて しまう優しい笑顔と、トレード マークの赤いタータンチェック のジャケット。今や、みごとななぞかけ を披露してくれるその姿を、テレビで見 ない日はほとんどありません。ねづっち さんは現在3 5歳。芸人になってから十数 年の歳月を経ての大ブレイクとなりま した。


  • ● 友人に刺激されて昔の夢を思い出した

  • 「最初に芸人になりたいと思ったのは中学 生のときでしたね。当時はよくありが ちな反抗期で、サラリーマンの父親を見 ていて、僕はもっと違った職業に就きた いと思ったんですね。今考えたら、親父 の道の方が正しかったと思うんですけど ね~(笑)」。
     小学生の頃から古典落語や言葉遊び のような芸が好きで、毎週日曜日には「笑 点」(日本テレビ系)をかじりつくように 見ていたというねづっちさんが、芸人の 世界に足を踏み入れたのは大学生のとき でした。
    「大学生になった頃、他の大学に行った同 級生がお笑いを始めたという話を聞いて、 僕も芸人になりたい気持ちがメラメラと 再燃してきたんです。それからは、いろ んな芸能プロダクションに電話をかけた り、お笑いライブのオーディションを受 けたりの日々でした」。
  • ● 僕にとって芸人=漫才師
  • とにかく漫才がやりたくて、毎日漫才ができると ころを探していたというねづっちさん。先輩に浅 草漫才協会を紹介してもらい、浅草演芸場にも出演できるよ うになりました。
    「なぞかけもそうですけど、リズム感のあ る芸が好きなんですよね。それも一人だ けのリズムより、二人で合わせる掛け合 いリズムのほうが楽しい。
    だから漫才が好きだし、僕にとっては 芸人=漫才師なんですね。当時、漫才協 会には50~60組ぐらいの会員がいたんで すけど、若手はほんの数組で、内海桂子 師匠やおぼんこぼん師匠のように、よく 演芸番組に出る方や寄席の世界で長年頑 張っている大ベテランの人がたくさんい らっしゃいました。最初は、これはえらい ところに来ちゃったなと思いましたね」。
    大先輩の中で揉まれながら、毎日寄席 の舞台に立ち、芸を磨く日々。最初に組 んだコンビは7年続きましたが、結局解 散。そして現在の相方、木曽さんちゅう さんを「浅草にくれば食っていける」と 「うまいこといって落とし」Wコロンを結 成しました。
    「いや〜そんなに簡単に食えるわけがない ですよね(笑)。まんまと騙されてくれま した」。
  • ● やめなければ万が一ってことがある

  • ほとんどの芸人がそうであるように、 ねづっちさんにも売れない下積み時代が 長くありました。
    「先輩方には飲みに連れていってもらい、 芸人としての考え方をよく話して頂きま した。一番言われたのは"絶対にやめん な"ってことです。"やめたら売れるチャ ンスがゼロになる。でも続けていれば万 が一ってことがあるだろ"って。
     本当にそうなんですよね。芸人が売れ るのなんて、万が一。だから、ここまで 食えないものかとは確かに思いましたけ ど(笑)、"つらい"とか"やめたい"と思っ たことはないですね。
    僕のように、「うまいことを言う」芸風 でやっている若手芸人は、あまりいなかっ た。だから、そのうち本当に万が一があ るんじゃないかな? と思っていました」  古典落語のように、面白い言葉や言い 回しを巧みに使ってオチを作る「うまい ことを言う」芸風が、もしかしたら受け るんじゃないかと思っていたねづっちさ ん。この気持ちが「万が一」を信じられる 強さへと繋がったのかもしれません。



  • ● 僕の本業はあくまで漫才師
  • 「”整いました!”というフレーズは、ある ラジオ番組でなぞかけに答えたときに何 気なく出た言葉。これを相方の木曽さん ちゅうが”いける!”と思ったみたいです (笑)」。
    なんとかなる気がして芸人を続けてい るうちに、何気なく出てきた「整いまし た!」の名フレーズ。それから、なぞか けを漫才に取り入れるようになったのは、 自然な成り行きでした。
    その後、ねづっちさんのなぞかけの早 さ、センスの良さはたちまち話題となり、全国的になぞかけブームが起こったのは みなさんもご存知のとおりです。
    「でも今、これだけテレビに出させて頂い ているのは、正直異常だと思うんです。 今後は絶対に減るに決まってます!
      僕、何年後かに自分がテレビで”なぞ かけやって~”って言われてる絵が、到 底思い浮かびませんもん(笑)!
    でも、それはそんなに気にしていませ ん。なぞかけがたまたまピックアップさ れて、一時的にブームになっているけど、 なぞかけは本来は漫才の一部分。僕の本 業は、あくまで漫才師なんです。
    なぞかけのおかげで少しは知名度も上 がったので、これをきっかけにこの先も 漫才を続けていければそれでいい。その 思いは、昔も今も変わりません」。
  • ● 終わったことは気にしないで!
  • 漫才を続けていくこと。それがねづっ ちさんにとって、何よりも大切な「夢」で した。これから先、たとえおじいちゃん になっても「漫才だけは続けていきたい」 と力強く話します。
    「目標という意味ではそれが一番。あとは 漫才を続けるためにも、いかに健康でい られるかですね。
    芸人には通風が結構多いんですよ。み んなビールの飲みすぎかもね。だから僕 は、プリン体を摂り過ぎないように、な るべくホッピー飲んでます(笑)
    気持ちの面では、終わったことは、あん まり気にしないこと。過去は変えられない ですからね。過ぎちゃったことはしょうが ないと思ったほうが体にいいはずです」。
    テレビと同じ、終始にこやかな笑顔の ねづっちさん。それでも大きな野望は持っ ているようで⋮。
    「なぞかけは、頭の体操でボケ防止にな るって言われてるでしょ。だから、これか らの高齢化社会に向けて、なぞかけを老 人福祉にも生かせるような、そういう番 組を作れたらいいなと目論んでいます!」
    ぜひ、実現してもらいたいですね! 最後にあとぴナビ読者のために、なぞか けをひとつ披露してくれました。お題は 「健康」です。
プレゼント



アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP