アトピー治療ならあとぴナビホームスペシャルナビ > あとぴナビ/スペシャルインタビュー

あとぴナビ/スペシャルインタビュー

ユーザー1
取材・文/平川友紀 、撮影/橋詰芳房
上田正樹 上田正樹



PROFILE
京都府出身 1974年、”上田正樹とサウストウサウス”を結成。伝説の スーパーバンドと高く評価され、当時のバンドブームの 頂点に立つ。バンド解散後はソロ活動を続け、1983年 「悲しい色やね」がシングルチャート1位となり大ヒット。そ の後ヒット曲に甘んじることなく、自身の追求する音楽活 動を続ける。近年ではインドネシア、マレーシアで、ヒット チャート1位を獲得するなど、インターナショナルな音楽 活動を展開している。
  • リズムアンドブルースと出会ってから、40年以上が経ったという上田正樹さん。 うたうことの情熱と音楽への愛情は、その間、途切れることなく続きました。そのパワーの源はいったいどこにあるのでしょうか。 2009年7月に発表したニューアルバムで新たなスタートラインに立ったという上田さんに、 これまでの転機と、今思う音楽と人生の関わりについて、お聞きしました。

  • 「2001年、インドネシアのヒットチャートで17週連続1位を記録 した大ヒット曲「ビアール・ムン ジャディ・クンナンガン」。この曲は、インド ネシアの歌姫レザと日本のR&B(リズムア ンドブルース)シンガー上田正樹のデュエッ トソング。日本では「悲しい色やね」などの ヒット曲で知られる上田正樹さんですが、 その音楽活動は日本国内にとどまりませ ん。インドネシア、マレーシア、韓国などア ジアでの人気を確固たるものとし、世界に 通用するシンガーとしての歩みは、今なお 加速され続けています。
    R&Bという異国で生まれた音楽に魅了 され、人生の大半を捧げてきたという上田 さんは、音楽を通して国や人種の違いを 常に意識してきました。それは強いコンプレックスであると同時に、乗り越えるべ き大きな目標でもあると言います。そんな 上田さんの音楽が国境を越えて認められ るようになったこれまでを、じっくり語っ てもらいました。
  • ● たったひと晩で人生が変わった
  • 上田さんとR&Bとの運命的な出会い は、高校2年生のときに見たアニマルズ (1960年代、ビートルズらとともに世 界的に人気のあったイギリスのロックバン ド)のライブ。
    「ひと晩で人生が変わりまし た」というほど、アニマルズの音楽は上田少 年にとって衝撃的なものでした。 「3階のいちばん奥の席から1階のステー ジ前まで、どうやって行ったのかも覚えて ないんです(笑)。ステージ上からエリック・ バードンに握手してもらいました。その瞬 間、本当に手のひらに、ビリビリと電流が 走りました」。
    その日を境に、1日中ギターを片手に歌 をうたう日々を過ごすようになります。 「ブルースやR&Bの名曲を片っ端からコ ピーしました。でもやればやるほど、ブ ルースやR&Bには、絶対に越えられない 「壁」があるのがわかる。最初はそれが英語 なんだろうと思って、英語をすごく勉強し ました。でも、英語じゃありませんでした。 それは「血」なんですね。レイ・チャール ズと対談したときに『ソウルミュージックっ て何ですか?』と質問しました。彼は『音楽 はオレの「血」だ』と言いました。やっぱり血 の成せる技…DNAの違いじゃどうしよう もない。できるわけがないと思いました。 でも、しがみついてたんです。だってほか にすることがないし、興味のあることがなかったから。そこで絶望してやめるか、 『よし、やってやる』と思うかどうかなんだ けど。僕は『よぅし!』と思いました」
  • ● 「血」の壁を乗り越えて
  • 上田正樹 そもそもブルースとは、奴隷としてアメ リカやヨーロッパに強制連行された何千万 人というアフリカの人たちの、怒りや絶望、 悲しみから生まれた音楽。無理やり拉致さ れ過酷な体験をした人々は、すべての怒り や憎しみや絶望を、妬みや復讐ではなく、 音楽というポジティブな力に変えたのです。 「逆境に立たされても豊かなブルースとい う音楽を作った方々は、人類でいちばん崇 高だと思います。だから、音楽をやる側が アフリカに対して敬意を表することはすご く大事なことだと思います」。
    アニマルズに出会った瞬間、上田さんは、 その崇高さを無意識に感じ取っていたのかもしれません。 「ブルースは、悲しみに酔い しれるのではなく、その向こう側へ行こう とする音楽なんですね」。
    ブルースやR&Bの起源を考えれば、血 というのは、もはやどうにもならない壁。 上田さんも相当悩み続けました。その壁を 崩すきっかけとなったのは、音楽を始めて 何十年もあとのことです。それは、ブルー ス界の巨人B・B・キングの一言でした。
    「B・B・キングと一緒にライブをやる機会が あって、そのときに『お前はすごくオリエン タルでアーバンなブルースシンガーだ』っ て言われてね。何十年間も出口がなかった 暗いトンネルの向こうに、ちょっとだけ光 が射した。そこからまた頑張れましたね」。
  • ● アジアのポップミュージックのルーツになる
  • 「ゴスペル、ブルース、R&Bあたりがポッ プミュージックのルーツ。音楽って目に見 えない分だけすごく感覚的で、だからこそ、 バックグラウンドをしっかり学んで『土台』 を身につけることが大事。ところが、ポッ プミュージックにはそういうものがないと みんなが思っている。それはとんでもない 話でね。ポップミュージックも、基礎はも のすごく重要です」。
    音楽の源にあるもの。それは偉大な先人 たちが作り上げてきた、音楽の足あとでも あります。
    「だからシンガーはまず、模倣すべき。その 時期が終わると次に『自分っていうのは 何?』という試行錯誤が始まる。これはと てもきつい作業だけど、なんとか自分とい うものができてくるわけ。僕も『できないで きない』と言ってるうちに、そういう土台を 何十年もかけて築くことができたのかな。 日本はまだまだポップミュージックの歴 史が浅い国。それでも「土台」だけはできて きて、本気で日本やアジアのルーツミュー ジックになるものを作りたいと思っていま す。インドネシアでも日本でも韓国でも、土 壌が違うことで、独特の土壌から生まれる R&Bができるはず。アフリカそのものの 「血」はないかもしれないけれど、違う形の R&Bを作ることはできる。 アジアはこの先、間違いなく音楽シーン のマジョリティになると思っています。まだ 時間はかかるかもしれないけど、アジアか らまずひとり、そうやってルーツになる人 が出れば、世界の目が一気にアジアに向く と思う。そのためなら、僕は喜んで布石に なりたいという気持ちでいる」。
    こんな上田さんの思いは強く、インドネ シアや韓国での成功をきっかけに、最近で はアジアの数多くの一流シンガーたちと手 を結んで、精力的に活動しています。 「国や宗教を越えてみんなが『いいね』って思 える根っこの音楽を作りたい。これからが 勝負だと思っています」。
    昨年60歳になった上田さん。音楽に対する ひたむきな思いと情熱は、衰えるどころか、 ますます強くなっています。何がここまで上 田さんを音楽に向かわせたのでしょうか。「途中でどんな環境にいても、どんなにつら いことがあっても投げ出さなかった。諦めな かったことがいちばん大きい。やっぱりす ごいR&Bが好き。もうほんっとうに好き で、好きだから、お金がなくてもおなかが 空いてもずっと歌をうたっていられた。 どんなことにも共通するけど、大事なの は、自分の気持ちをポジティブに持ち続け ること。そうすれば自分で『よぅし!』と思 えるものが見つけられるし、失敗してもい くらでもやり直せるんだよ」。
    「R&Bが好き」。それしかないと上田さん は力強く言いました。「好き」という気もち は、人生を変えるほどの大きなパワー。 「今からが最高に面白いとき」と宣言してはば からないその表情は、アニマルズに出会っ たあの日と、同じ表情に違いありません。
プレゼント



アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP