アトピー治療ならあとぴナビホーム読者の声 > HRC HOT NEWS

HRC HOT NEWS

フリー


  • 「実は大学生の頃、自己流の自宅湯治でアトピーを克服したことがあるんです」
    勝野さんは現在32歳。幼少の頃からアトピーで、思春期以降に悪化。ステロイド剤はなるべく使いたくないという考えから、 大学生時代に日本オムバスの自宅温泉湯治を知ります。その後一人で湯治を続け、1年ほどで克服した経験があるそうです。
    「自宅温泉湯治の本を読んで、自己流ですがやってみました。自宅のお風呂(水道水)に毎日何回も入り続けると半年ほどで湿疹が退き、 その後の半年で汗をかいてもかゆみがでない状態までになりました。湯治の力はすごいなあと実感したものです」  
    大学卒業後、勝野さんはコンサルティング会社の会計士としてキャリアを積み始めます。しかし、この仕事は相当な激務でした。
    1年間の8割は出張でほとんど家に帰れず、帰れても午前様という毎日が続きます。
    ハードな仕事で生活リズムも乱れ、勝野さんの体は再び警告を発しました。アトピーの再発です。
    「自分の時間がほとんど持てないことに相当なストレスを感じていました。仕事を続けるのが大変な苦痛で、生活を根本的に変えたいと思うように なりました。そして、4月いっぱいで退職することを決め、アトピーを治すためにHRCに来たのです」

  • ■ 体にしっくりくる温泉

  • HRCに来る前、勝野さんには一つの危惧がありました。それは「もし泉質が自分の体に合わなかったら…」というもの。
    「地元の長野は温泉の町で、いろんな温泉に行きました。でもほとんどの温泉では泉質が合わず、かえって肌が荒れたりしていました。だから正 直、入ってみるまでは少し怖かったですね」  
    そんな勝野さんの心配も、まったくの杞憂に終わります。
    「お湯が柔らかくヌルっとした感じがよくて、自分の体に非常に合っていると感じました。まったく体が痛くないので、最初の日は8時間も入っ てしまいました。以来、毎日5時間は入っていて、1週間ほどで見た目もかなりきれいになったし、何より冷え症が改善されてきました」  
    以前は冷えがひどく、お風呂に入っても体がいっこうに温まらなかったという勝野さん。風呂上りは奥様に冷えた足をさすってもらっていたほどです。
    「自分にぴったりの泉質に一日中好きなとき好きなだけ入れるし、お湯も毎回替えられるのがなんとも贅沢ですね。ここに来て、ぬるいお湯でもお でこに汗をかけるようになりました」








アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login

知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP