アトピー治療ならあとぴナビホーム医療ナビ > 花粉と食物アレルギーの不思議な関係

花粉と食物アレルギーの不思議な関係



  • 白樺と大豆はソックリさん?
  • 下の図Aを見てください。左がシラカンバ(白樺)花粉に含まれる抗原(アレルゲンタンパク)Bet v 1 、右が大豆に含まれる抗原Gly m 4の立体構造を表しています。なんとなく形が似ていると思いませんか?
    形が似ているのには理由があって、Bet v 1 とGly m 4 は共にPR -10(Pathogenesis-related protein-10)というタンパク質の仲間なのです。PR -10 タンパクは、植物の種を超えて広く分布しており、植物の生体防御に関与しています。同じような働きを持つタンパク質同士ということで、その構造(アミノ酸配列)が似ているのです。
    図BはBet v 1 とGly m 4のアミノ酸配列ですが、一致率は52%です。52%というとあまり高くない数字という印象がありますが、アミノ酸配列の類似性を判定する際の閾値は50%程度なので、結構似ていると考えてよいでしょう。

  • 図BはBet v 1 とGly m 4のアミノ酸配列ですが、一致率は52%です。52%というとあまり高くない数字という印象がありますが、アミノ酸配列の類似性を判定する際の閾値は50%程度なので、結構 似ていると考えてよいでしょう。

  • 豆乳アレルギーの原因は花粉症だった
  • では、タンパク質の構造が似ていると何が起こるのでしょう?
    困ったことに、形が似たタンパク質が入ってくると、人体がうまく区別できないことがあるのです。体への侵入物のアミノ酸配列が似ていると、免疫抗体の判別力が鈍ってしまうわけです。
    シラカンバの花粉症患者は、花粉に含まれるBet v 1 タンパクにアレルギー反応を示します。Bet v 1 が体内に入ろうとすると、くしゃみや鼻みずを出して追い出そうとします。
    ところが、豆乳に含まれるGly m 4タンパクが体内に入ってきたときにも、形が似ているBet v 1 と一緒に追い出そうとすることがあります。これが、大豆アレルギーがないのに、豆乳でアレルギー反応が起きてしまう理由です。豆乳に含まれるGly m 4をBet v 1 と間違えてしまった結果、喉の痛みやかゆみなどの症状が出てしまうのです。
    食品中に花粉アレルゲンと同じ仲間のタンパク質が存在する場合に、このタンパク質成分が花粉アレルゲンの抗体と結合してアレルギー症状を引き起こす現象を、専門用語では「交差反応」といいます。交差反応はPR - 10 タンパクをもつカバノキ科植物と、似たようなタンパクを持つバラ科・マメ科・セリ科の果物野菜の間で起こりやすいことがわかっています。


  • なぜ豆乳ばかりが問題となるの?

  • これまでの話で、豆乳アレルギーの原因が花粉症であることがはっきりしました。大豆にはカバノキ科植物と似たPR-10 タンパクが含まれており、交差反応によってアレルギー症状が起こることもわかりました。しかし、まだわからないことがあります。それは「なぜ豆乳なのか?」ということです。
    PR - 10 タンパク(Gly m 4 )は大豆に含まれているのだから、豆乳以外の大豆食品にも存在するはずです。ところが、花粉症の人が煮豆や納豆などで交差反応によるアレルギーを起こしたという話は聞きません。豆乳以外の大豆食品でアレルギーといえば、ほとんどが普通の大豆アレルギーの話です。
    この疑問に答えるためには、大豆に含まれるアレルゲンタンパクについてもっと細かく知る必要があります。下の表2をご覧ください。植物のタンパク質のうち、多数を占めるのは貯蔵タンパク質です。これは栄養の貯蔵に関与したタンパク質で、人間にとっては大豆アレルギーの原因となるアレルゲンタンパクです。
    一方、PR - 10 は生体防御タンパクの一種で、病原菌の攻撃などから身を守るタンパク質です。量は少なく、熱や消化酵素に対して弱いことが特徴です。この「熱や消化酵素に弱い」という特徴が、「なぜ豆乳なのか?」を説明してくれます。

  • 豆乳と口腔アレルギー症候群
  • 豆乳は、大豆食品の中でも作り方が簡単で短時間過熱する程度です。大豆を加工するほどGly m 4の活性は下がるので、 加工度の高い煮豆、味噌、納豆などでは、Gly m 4の活性によるアレルギー症状はほとんど出ません(図C)。したがって、花 粉症が原因となる交差反応によるアレル ギーは、豆乳によって起きやすいのです。 豆腐、枝豆、もやしなどの比較的加工の 程度の軽い大豆食品でも症状が起こるこ とがあります。  
    熱や消化酵素に弱いGly m 4は、消化 の過程で胃液などにより活性力を失って しまいます。つまり、口に入った時点では アレルギー症状を引き起こす力を持ちま すが、体内に取り込まれて消化されるほ ど力を失っていきます。アレルギー症状が 口腔の部分に集中して出やすいのは、この ためです。そう考えると、口腔アレルギー 症候群という名称についてもうなずけま す。ちなみに、病気のメカニズムに着眼し て「花粉植物アレルギー症候群」と呼ば れることもありますが、どちらも同じ症 例を示した名称です。



アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP