アトピー治療ならあとぴナビホーム医療ナビ > LPS(糖脂質)がアトピーを改善する理由

LPS(糖脂質)がアトピーを改善する理由

  • LPSが皮膚の免疫を活性化する
  • アトピー性皮膚炎では、皮膚のバリア機能が低下しています。皮膚バリアが壊れているから、外部の異物が侵入しやすく、炎症やかゆみにつながります。だから、バリア機能の回復がアトピー改善のポイントとなります。 



    そこで、今注目されているのがLPS(リポポリサッカライド:糖脂質)です。LPSには皮膚の免疫機能を調整し、バリア機能の回復につながる働きがあることがわかってきました。LPSが皮膚の免疫細胞に働きかけると、次のような生理的作用が起こります。細胞ごとに、その作用をまとめてみましょう。以上のように、LPSが皮膚の免疫機能に働きかけることで、アトピー性皮膚炎の改善効果が期待されます。
  • LPS配合クリームでアトピー改善
  • 実際に、自然免疫応用技研では、LPSを配合した保湿クリームを使った試験を行っています。次のグラフは、クリーム使用前後の部位別のアトピー性皮膚炎症状に関する調査結果です。



    青いバーはクリーム使用前にアトピー性皮膚炎症状があると答えた人の数、赤いバーは使用後にアトピー性皮膚炎症状があると答えた人の数です。膝以外は、おおむね使用後に「症状がある」と答えた人の数が減ることが示されました。 
    この試験は、個人の主観によるもので、さらに客観的な評価試験が必要となりますが、2週間にわたる使用期間で87%もの回答が得られたことや、重篤な悪化などがなかったことから、安全なケア剤によるアトピー症状改善を期待できるものと考えられます。今後のさらなる研究に期待したいところですね。



アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP