アトピー治療ならあとぴナビホーム医療ナビ > アトピーと感染症の最新研究

アトピーと感染症の最新研究


  • ステロイドや プロトピックは 感染症を悪化させる
  • 感染症への対応で何よりも注意しな ければならないのは、ステロイド剤や プロトピック軟膏などの免疫抑制剤を 使用してはいけないということです。 理由は二つあります。

    免疫力を下げると感染症リスクが高まる

    ステロイド剤やプロトピック軟膏は、 体の免疫機能を低下させることでかゆ みや炎症を抑えています。  アトピーの皮膚はもともとバリア機 能が弱く、健康な肌では問題のない菌 でも抵抗力が弱いため感染症を起こし やすい状態です。こんな状態の皮膚で、 さらに薬で免疫力を下げてしまったら どうなるでしょう? 当たり前ですが、 感染症リスクはさらに高まります。

    ステロイド剤使用で、 より強い感染症が 増える

    次のグラフ(木俣先生によるデータ) は、アトピー患者の皮膚に存在する悪 性の細菌について調べたものです。左側のステロイド剤をぬっていない 状態では、細菌のほとんどが黄色ブド ウ球菌でした。しかし、ステロイド剤を ぬることで、多少黄色ブドウ球菌は減 るものの、逆にMRSA(メチシリン耐 性黄色ブドウ球菌)や緑膿菌といった より強い菌に感染していることがわか ります。これは感染症の悪化を意味し ます。  
    このデータからは、ステロイド剤を 使うと感染症が悪化することがわかります。ヘルペスなどのウイルス感染に 関しても、同じことが考えられます。

  • 離脱症状を 乗り越えるポイントは感染症のコントロール
  • ステロイド剤の離脱症状(リバウン ド)に悩んでいる方も多いと思います。 離脱症状が悪化して皮膚科に行けば、 ステロイド剤を中断したからアトピー 性皮膚炎が悪化したとして、ステロイ ド治療に戻すよう指導されることも多 いでしょう。しかし、再びステロイド剤 を使ってしまったら、さらにアトピー が悪化してしまいます。  ここで、離脱症状について簡単にお さらいしてみましょう。ステロイド剤 の量を減らしたり使用を中断すると、 なぜ離脱症状が起こるのでしょうか?  それは、免疫力を低下させることに よってアレルギー反応による炎症を抑 制していた薬が、体内に入ってこなく なるためです。  
    このとき体は、自分が本来持ってい る免疫力を正常な状態に戻そうとして 炎症反応を起こします。さらに、免疫力 が低下しているために、感染症による 悪化も同時に起こりやすくなっていま す。つまり、離脱症状では、体が自らの 治癒反応として起こす炎症と感染症が 混在していることが多いのです。  多くのケースでは、感染症をいかに 乗り切るかが、離脱症状を乗り越える ポイントとなります。そうであれば、 感染症を悪化させる免疫抑制剤を使 うべきでないことは、もうおわかりで しょう。  
    感染症を乗り切る際は、黄色ブドウ 球菌などの細菌やヘルペスなどのウイ ルスをいかにコントロールするかが大 切です。逆に、感染症をうまくコント ロールできれば、離脱症状もそれほど ひどくならないのです。




アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP