アトピー治療ならあとぴナビホーム医療ナビ > ステロイド剤、プロトピック軟膏が身体にもたらす深刻な問題

ステロイド剤、プロトピック軟膏が身体にもたらす深刻な問題



  • ステロイドよりプロトピックを勧める医師たち
  • プロトピックと同じ分類の薬を塗って紫外線を浴びても、その部位のランゲルハンス細胞が減らないということは分かりました。  
    また、紫外線を照射する・しないにかかわらず、プロトピック様免疫抑制剤の塗布でランゲルハンス細胞が減るかどうかの実験もあり、 論文2「ピメクロリムスはマウス表皮のランゲルハンス細胞に影響しない」で結果が報告されています。  
    実験では、1日2回、5日間連続でピメクロリムスを塗ったマウス、それとは別でヒドロコルチゾンクリーム、ベタメタゾン、 クロベタゾール3つのステロイドを塗ったそれぞれのマウスとを比べて、ランゲルハンス細胞がどう減少するかを見ています。  
    ピメクロリムスを塗ったマウスではランゲルハンス細胞は減らず、ステロイドを塗ったマウスではヒドロコルチゾンクリーム31%、ベタメタゾン62%、クロベタゾールにいたっては87%もランゲルハンス細胞を減少させてしまいました。
    この結果を以てアトピー性皮膚炎治療にステロイドよりもエリデルやプロトピックを使う理由にしている医師が残念ながら存在するのも事実です。




  • エリデル、プロトピックはステロイドと同じ免疫抑制剤
  • 論文3「ピメクロリムスはアトピー性皮膚炎患者のT細胞のアポトーシス誘導性枯渇を引き起こすが、 ランゲルハンス細胞は枯渇させない」に出ている「結論:要約すると、ピメクロリムスはアトピー性皮膚炎の皮膚において、アポトーシスを 誘導して病理学的にT細胞を減少させるが、ランゲルハンス細胞には影響を与えない」という記述や、「背景:副腎皮質ステロイドの長期使用を 除けば、局所カルシニューリン阻害剤(タクロリムス、ピメクロリムス)はアトピー性皮膚炎に対する新しい治療選択肢である」という記述が、 まさに「アトピー性皮膚炎治療にステロイドよりもエリデルやプロトピックを使う理由」にするためのものに読めます。  
    しかし、エリデルやプロトピックは、元来、移植された臓器の拒否反応を抑制する「免疫抑制剤」です。それがアトピーの炎症を抑える効果も あるからとのことでアトピーの患者に使用されるようになったものです。ちなみにアトピー治療には通常軟膏が用いられます。 そんなプロトピックですが、アトピー治療に長年用いられた結果、別の悪性疾患を患者に発症させたとの例が2012年3月に論文となって 発表されました。ご紹介しましょう。


アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook