アトピー治療ならあとぴナビホーム医療ナビ > 首を温めてアトピーを改善する

首を温めてアトピーを改善する




  • お湯を入れたペットボトル一つで、 気軽にできる温熱圧刺激。前ペー ジのイラストで示した脳幹ゾーン に温熱と圧力の刺激を与えます。 ゆっくりと首の筋肉を効果的に温 ながら緩めることで、頸椎のゆが みを解消することができます。
  • 準備するもの
  • ホット飲料用のペットボトル
    フタがオレンジ色のペットボトルが ホット用です。フタが白いものは使 わないようにしてください。
    40~46度くらいのお湯
    お湯の温度は心地よく感じる程度 でOK。普段入っているお風呂より 少し熱い程度を目やすとし、あまり 熱くないほうがいいでしょう。







  • ❖ 笑う
    「笑顔」には、自律神経を整える効果があります。つらいとき、憂鬱なときこそ笑いましょう。そんな気分じゃない場合は作り笑いでもOK。口角(口の両端)をキュッと上げて笑顔を作れば同様の効果があるのです。
    ❖ 深呼吸
    息を吸うときは交感神経、息を吐くときは副交感神経が優位になります。だからイライラしたり緊張が続いた場合は、ゆっくりと息を
    吐き出すことで副交感神経を意識的に優位にできます。
    ❖ 睡眠
    寝不足が続くと、脳幹の働きが低下します。良質の睡眠が取れるよう、脳幹マッサージや半身浴など睡眠をしっかりとる工夫をしましょう。
  • ❖ 運動
    体の血流をうながし、筋肉の働きを強化するためには運動が一番簡単な方法です。20分程度のウォーキングや散歩で十分なので、毎日の日課としましょう。
    ❖ 半身浴
    血流をうながしリラックスする方法としては入浴がおすすめです。36~39度のぬるめのお湯に30分程度、半身浴で心臓に負担をかけずにゆっくりつかりましょう。
    ❖ 体を冷やさない
    冷えは血流を悪くする万病の元。特にこれからの季節は、冷たいもののとりすぎに注意しましょう。夏のエアコンも体を冷やすので、冷気から身を守る服装の工夫を。
  • ❖ よく噛む
    食べ物をよく噛めば、脳内の血流量が増えることがわかっています。噛むと唾液が多く出て、消化を促がし殺菌・抗菌にもなります。1口30回を目標に噛みましょう。
    ❖ 腹八分目
    食べ過ぎると消化の過程で大量の活性酸素が発生し、免疫力が低下します。また空腹時のほうが脳幹は活性化しやすいもの。お腹がすいてから食事をし、腹八分目にとどめましょう。
    ❖ 和食
    大豆製品、青魚、野菜、穀類、海藻、きのこ類といった和食メニューは、脳を活性化したり、血流をうながすバランスのとれたメニューです。生活習慣病予防のためにも、和食中心の食事を心がけましょう。




アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP