アトピー治療ならあとぴナビホーム医療ナビ > アトピーと「ステロイド」「グリチルリチン酸」本当の話

アトピーと「ステロイド」「グリチルリチン酸」本当の話





  • アトピー性皮膚炎の方向きの化粧品やスキンケアアイテムの中には、「グリチルリチン酸」が配合されたものが多いですね。

  • グリチルリチン酸には、実はステロイド剤と同じ働きがあるんじゃ。


  • えっ? ステロイドと同じ!?それは問題かも。

  • 確かにグリチルリチン酸は、人体に対してステロイド剤と同じ働き方をします。ただ、グリチルリチン酸の場合はステロイド剤ほど抗炎症作用は強くないので、副作用もステロイド剤と比べて弱めです。

  • 「同じ働き方」ってところがすごく気になります。

    ステロイド剤が、人工的な副腎皮質ホルモンであることは知っているじゃろう。グリチルリチン酸も実は人工的な副腎皮質ホルモンなんじゃ。体内で作られる副腎皮質ホルモンは非常に微量で、ストレスの緩和などに役立っておる。ところが外部から多量に人工の副腎皮質ホルモンが入ると、体は自力で副腎皮質ホルモンを作ることを止めてしまい、外部からの補給に依存してしまう。これがステロイド依存で、この状態でステロイド剤の使用を中止すると、離脱症状(リバウンド)が起こるというわけじゃ。



  • 副腎皮質ホルモンは、抗ストレスホルモンとして人体に必要なホルモンです。でも量が多すぎると、免
    疫反応を低下させるなどの悪影響を及ぼします。


  • なるほど、ステロイド剤はこの悪影響を利用してアトピーの炎症を抑えるわけだね。

  • その通りじゃ。グリチルリチン酸の場合は、薬剤ではなく化粧品やスキンケアアイテムに含まれているわけだから、免疫抑制の力はステロイドほど強くはない。しかし、化粧品だからといって安心して長期間使い続けると、ステロイドと似た副作用が現れる可能性は高まるじゃろう。

  • グリチルリチン酸の影響でいったんリバウンド症状が出てしまうと、それを回復させる過程は、ステロイド剤のリバウンド時と大差がなく、生活面などにも影響を受けることがあります。

    グリチルリチン酸の影響は、ステロイド剤の副作用と同じくらい多くの人にみられるものではない。しかし、長期間使い続けると、ステロイドと同様のリスクが高まってくることは確かじゃ。


  • アトピーの人は避けたほうがいいというわけだよね。

    今、「アトピー性皮膚炎に良い」という化粧品やスキンケアアイテムを使用している方は、全成分表示をみて「グリチルリチン酸」「甘草(グリチルリチン酸は、甘草から抽出される成分)」といった成分が配合されていないか確認してみましょう。









アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビモバイル facebook