アトピー治療ならあとぴナビホーム医療ナビ > 今すぐできる!アトピー改善法

今すぐできる!アトピー改善法


  • アトピー改善に重要なのはストレスを減らすこと
  • ストレスが引き金となり、アトピーの症状が悪化した経験のある人は多いでしょう。 家庭や職場の環境、子どもの場合は母親との関係、気候の変化、不規則な生活など、様々なストレスがアトピーの症状に影響を与えています。 「アトピー改善のために一番重要なのはストレスを減らすこと」と言ってもいいくらいです。  
    では、ストレスを受けると体はどうなるのでしょう? まず血流が悪くなります。ストレスを受けるとそれに対抗して交感神経が高まりますが、 そのときに血流量はガクッと落ちることがわかっています。血管は、交感神経が高まると収縮し、副交感神経が高まると弛緩します。 ストレスは自律神経のバランスを崩し、血流を滞らせてしまいます。  
    腸の動きは血管と反対で、交感神経が高まると弛緩し、副交感神経が高まると収縮します。つまり、ストレスがかかると腸は弛緩したままの状態が 続き、食べ物を押し流すだけで栄養を吸収することが難しくなります。
  • 自律神経はバランスとトータルパワーが大切
  • 血流と栄養吸収。これら人間の生命維持に最も重要な働きに、自律神経は多大な影響を及ぼします。自律神経を整えることが、 健康にとっていかに大事であるかがわかるでしょう。  
    自律神経にはリズムがあります。このリズムは、交感神経と副交感神経のバランスによって作られます。緊張・興奮すると高まる交感神経は、 朝の起床とともに上がり始め、活動が活発な昼間をピークに、夕方に向かって下がり始めます。逆にリラックス時に高まる副交感神経は、 昼頃から上がり始め、就寝中の夜中をピークに朝に向かって下がっていきます。  
    私たちが健康的な生活を送るカギは、自律神経のリズムに合わせた生活を送ることです。自然の中で生きる生物として本来備わった生命のリズムに 従うことは、とても理にかなったことと言えるでしょう。  
    自律神経のバランスは大切ですが、実はもっと重要なことがあります。それは、自律神経のトータルパワー=交感神経と副交感神経の総活動力です。自律神経のバランスがいくらよくても、全体の働き自体が弱いと体はうまく反応しないのです。  
    自律神経のバランスとトータルパワーは、病院などでは検査機器を使って計りますが、もっと手軽で簡単な方法があります。
  • 次回に「自律神経バランス問診表」を掲載しますので、自律神経バランスを自己診断してみてください。








アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP