アトピー治療ならあとぴナビホーム体験ナビ > アトピー克服体験記

アトピー克服体験記

ユーザー1
  • 埼玉県 岡本雅美さん
  • 絶対に良くなってやる!その覚悟が自分を変えた

  • 「相当なブランクがあるにもかかわらず、とても親切に対応してくれてホッとしました。今はLINEで相談できるんですね。担当の山田さん(山田修平相談員)にLINEで質問をすると、タイムラグもあまりなく、的確に答えてくれていたのでとても感謝しました。プロトピックに関する知識、そのメリットやデメリットについても教わりましたし、症状の変化を一緒に喜んでももらえましたし、離脱のつらさで落ち込んだ気持ちからも大いに救ってもらえました」
    今はお風呂のお湯に「薬用重炭酸湯」のタブレットをポンと入れるだけ。そんな手軽なスタイルで体を芯から温めてくれる、極上のやわらかなお湯ができあがります。そのお風呂に朝・晩20分。湯温も山田相談員のアドバイスに従って低めに。「気が狂いそうなくらいのかゆみが2、3日で引きました」そこからは写真のように劇的に見た目を変えながら、岡本さんは一歩一歩、確実に治る道を進んでいきます。「プロトピックを断ってあとぴナビに連絡をしたときに、これを人生最後の挑戦にしよう、絶対にこれでよくなってやるって覚悟を決めました。剛速球が飛んでくるのを覚悟して待つキャッチャーの気持ちです。
    だから、プロトピックのリバウンドは、体的にはつらいけれど、これが出ないことにはきれいになれないと思って、笑ってその状況を迎えました」ご主人も同じ考えで岡本さんを励まします。家事を代わってくれたり、長風呂させてくれたりと、つらい時期の強い味方になってくれたそうです。また、腸内環境を改善するために、小食を心がけ、自家製の発酵食品を食べるようにもしました。絶対に良くなる、そのゴールに向かって進むしかない日々でした。
    「写真を残していますから、アトピーにプロトピックを使ったらこんな風になる可能性があるんだよって身をもって知らせるメッセンジャーになりたいと思っています。後悔しているのはもう少し早く相談しておけばよかったということ。山田さんに教えてもらうまでプロトピックがどういうものか知りませんでした。調べれば見つけられたかもしれないのに。被害者意識だけでいたらだめですよね」

◆ ◆ ◆
  • 20年前には克服者として誌面に載れなかったけれど、今日、「あとぴナビ」に笑顔で登場した岡本さん。
    「良くなった人に実際に会いたいと思う人がいたら、私でよければ喜んで会います! それで落ち込んだ気持ちが上に向くなら本当に喜んで。傷だらけで臭い汁だらけでも抱きしめて、自己否定なんて決してしないでって伝えます」
    治せるその日は「夢」ではなく「現実」としてやってくるんだと、岡本さんは身をもって教えてくれています。



アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP