アトピー治療ならあとぴナビホーム知識ナビ > 最新・保存版 アトピーの治し方マニュアル

最新・保存版 アトピーの治し方マニュアル

  • 毎日の生活習慣として、皮膚に最も影響を与えているのが入浴。適切な入浴に よるアトピー治療は、肌への効果的なスキンケアとともに自然治癒力を高めて 体全体を治す根治療法。体を温めて血流、新陳代謝を促進し、内分泌や自律神 経に働きかけることで正常な免疫バランスを取り戻します。
  • 日々の適切な入浴は肌にとって大切なこと

  • 肌の状態が悪化したときや、暑さや寒さの厳 しくなる季節などは、ついお風呂が億劫になっ てしまうもの。でも定期的な入浴は、肌のバリ ア機能を高めるためにも大切です。
    肌の汚れは症状悪化の原因になりますが、適 切な入浴を行うと肌に刺激を与えることなく汚 れを取ることができます。これは本来「水」が 持つ界面活性力によるもので、この界面活性力 に関しては温泉が最良とされています。また、 皮膚の表面には角層と言われるバリア膜があっ て、水分の蒸発を防いでいます。角層は角質細 胞が折り重なるようになっていて、常に新しい 角質細胞が生まれ、一番外側の古い細胞はアカ となってはがれ落ちます。入浴には、角層の皮 下血流を促進することで肌の新陳代謝を促進 し、正常な角質細胞のターンオーバーを取り戻 す働きがあります。

    入浴のもう一つの大きなメリットは、肌がき れいな状態で無理なく汗がかけること。汗に は、皮脂腺から出る皮脂と混ざり合って皮脂膜 を作る役割があり、この弱酸性の皮脂膜こそ が、雑菌から肌を守ってくれています。さら に、汗に含まれる抗菌ペプチドのダームジーン にも、殺菌から肌を守る効果があります。適切 な入浴は、アトピーのスムーズな回復につなが る感染症対策でもあるのです。

  • 自然治癒力を活性化し免疫力を高める温泉入浴

  • 温泉に入浴すれば、入浴効果はさらに高まり ます。温泉に含まれる化学成分は、イオン化し て皮膚や体内に直接働きかけて肌のバリア機能 を高め、体内では内分泌系や自律神経に働きか けます。

    体が温まり、リラックスし、さらに温泉の含 有成分が作用することによって、体全体をバラ ンスのとれた健康な状態に戻す働き(例えば、 血圧が高すぎれば血圧を下げ、血圧が低すぎれ ば血圧を上げるといった働き)が生まれます。 この働きを体の「恒常性(ホメオスタシス)」 といい、体の内分泌系や自律神経に深く働き かけて免疫力を高め、バランスをくずし低下 した体の機能を元に戻してくれます。温泉に は、この恒常性に働きかける作用があり、こ の作用を非特異的変調作用と言います。
    温泉湯治によりアトピー性皮膚炎を克服 できた方は、この温泉特有の作用である非特 異的変調作用の恩恵が最も大きいと考えられ ます

  • 肌にしみるのは水質の問題が大きい

  • アトピー性皮膚炎の方から「肌にしみて、入 浴後乾燥しやすいから、お風呂は苦手」という 声をよく聞きます。これは、お風呂の水質と湯の温度に大きな問題があるためです。
    通常の入浴では水道水を使いますが、水道 水に含まれる塩素には、皮膚の水分を保つた んぱく質(セラミド等)を分解する働きがあ り、むしろ皮膚の乾燥を招くことに繋がって います。また、水道水は生活用水として利用 できるよう浄水されていますが、河川自体の 汚染が進んでいる現状では、どうしても、処理 しきれない化学物質が残っています。これらの 化学物質の影響も見過ごすことはできません。

    さらに、水道水の水質では、湯の温度を40 度以上にしないと体がなかなか温まりません。 湯の温度が高いと、体はかえって熱を受けま いとして芯から温まりにくくなります。肌へ の負担は大きく、入浴後も乾燥しやすくなり ます。 ます


アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP