アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > アトピーアレルギーを改善する

アトピーアレルギーを改善する

ユーザー2
監修:角田 和彦(かくたかずひこ)
かくたこども&アレルギークリニック 小児科・アレルギー科 院長
1953年生まれ。1979年、東北大学医学部卒業。
専門は小児循環器・アレルギー疾 患。自分自身を含め、5人の子供と妻にアレルギー体質があることから、常に患者 の視点ももちながら、具体的なアドバイスときめ細かい診療を続けている。
著書に 『アレルギーっ子の生活百科』(近代出版)、『食物アレルギーとアナフィラキシー』 (芽ばえ社)、『アレルギーと食・環境』(食べもの通信社)などがある。
  • 「アトピーの症状がなかなかよくならない」「春先に調子を崩してしまっ た」。そんな人は、毎日の生活をもう1度見直してみませんか? 食生 活や住環境を一つずつチェックしていくと、普段は見過ごしていた悪化 要因が見つかるかもしれません。生活 の中に隠れた意外な要因と、その解 決方法について説明します。
  • アレルギーは体を守るための反応
  • アトピー性皮膚炎や花粉症、喘息などのアレルギー疾患には、2つの側面があります。
    ①アレルギーは、体を敵から守るための生体防衛反応
    例えば卵アレルギーの場合、卵 を自分の体に適していない敵とみ なして追い出そうとします。アト ピー性皮膚炎の場合も、アレルゲ ンとなる物質や食品が 肌に触れたり体内にと りこまれると、湿疹や かゆみを起こして肌か ら排泄しようとします。
    このように、自分に とって有害と認めた異物を再び取り入れない ようにして、体を守ろうとする反 応がアレルギー反応。アレルギー 症状を持つ人は、人体に有害な物 質を見分け、取り入れないように していると考えられます。
    ②有害化学物質が、正常なアレルギー反応を混乱させる
    私たちが生活する環境に存在す る化学物質には、殺虫剤に含まれ る成分やダイオキシンなど、人間 の免疫能力を低下させるものが多 数あります。低下した免疫力を補 うためには、アレルギー反応を強 くして体を守らなければなりませ ん。このような状況が、正常なア レルギー反応を混乱させ、激しい アレルギー症状を起こす原因と考 えられます。
  • アレルギー治療の基本は食と生活環境を変えること
  • 以上2つの側面を考え ると、もともと体を守る ための反応であるアレル ギーが、様々な有害物質 によって人体に過剰に働 きアレルギー症状となる ことがわかります。
    だから、アレルギーを 治療するポイントは、ア レルギーの原因・悪化要 因となっている物質を極 力減らすこと。具体的に は、食生活を見直し、生活環境を 整えていくことが大きな柱となり ます。
  • アレルギーは家族みんなの問題
  • 本題に入る前に一つ確 認しておきたいことがあ ります。それは、アレル ギー疾患は患者さん当人 だけの問題ではなく、家 族全体の問題であるとい うこと。
    アレルギー症状が出て いる人は、その家を代表してアレ ルギーの警告を出してくれている と考えてください。アレルギーを 起こしやすい食習慣や生活環境に よって、体には何かしらの歪みが 生じているはず。今アレルギー症 状が出ていない人も、将来糖尿病 やがんなどの生活習慣病を引き起 こす可能性があります。アレルギ ーの警告を家族全員で受け止め、 悪い習慣は全員でやめることを心 がけてください。



アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP