アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > 10月のアトピーケアのポイント

10月のアトピーケアのポイント

ユーザー2


  • 気温が下がってくると、肌状態は別にして、体感的には過ごしやすい秋の日が続くことになります。そのため、外出がしやすくなり、お出かけの機会も増えると思いますが、秋も春と同様に、ブタクサなど浮遊するアレルゲンが多い時期なので、帰宅時には露出部位の洗浄はしっかり行うように意識しましょう。



  • 「洗浄」という行為は、「汚れを落とす」という目的があるため、どうしても皮膚の油分も一定量落とすことになります。純石鹸など安全性が高いアイテムであればお肌に優しい、と考えている方も多いようですが、こうした「油分を落とす」という観点からみると、天然の洗浄剤も合成の洗浄剤と何らそん色ないため注意が必要です。
    APゼロウォッシュは、界面活性剤が一切含まれていないため、必要以上に油分を落とさず、また箱根の温泉うるおいソープはスクワランなどの保湿成分が配合され、油分を残して洗浄が行えるアイテムです。
    ファンデーションは油性成分のため、空気中に浮遊する異物が付着、留めやすい状況になることが多いのですが、性質上、落ちづらいアイテムが多く、クレンジングアイテムなど、洗浄力が強いアイテムで洗浄を行うことが必要になります。デューモイストシリーズの、オイルクレンジングや洗顔フォームは、あとぴナビ会員の方用に開発された洗浄アイテムで、こうした化粧落としにも安心してお使いいただけます。



  • アトピー性皮膚炎の方に共通する項目として「冷え」がありますが、気温のさがり具合への対処が上手にできないと、「冷え」の状態が進むことがあります。 
    「冷え」とは、血液の循環不全のことを指します。本来、体の熱は血液によって運ばれますので、血流が悪い=熱が上手く運ばれない、ということになり、末端部位が「冷たくなる」ことを「冷え」と称しているわけです。したがって、「冷え」の解決策は「血流を良くする」ことになり、その方法として運動や入浴があります。 
    運動を日常生活習慣とできている方は少ないと思いますが、入浴は多くの方が「毎日行える生活習慣」ということがいえ、冷えの状態を改善する方法として入浴はぜひ、取り入れて欲しいと思います。




  • 薬用重炭酸湯は、炭酸泉をモデルに開発された医薬部外品の入浴剤で、冷えの改善は効果効能として認められています。
    血管を拡張させる重炭酸イオンは、1 回20 分程度の入浴により、血流を改善してくれます。

    また濃縮温泉「はこねの湯」は、あとぴナビで25 年にわたりアトピー性皮膚炎の方にご利用いただいている「箱根の源泉」を特殊製法により20倍に濃縮した浴用化粧品です。元の温泉が単純泉ですので、温熱効果に加え、お肌重視の方にお勧めの 入浴アイテムです。


アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビモバイル facebook