アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > 7月のアトピーケアのポイント

7月のアトピーケアのポイント

ユーザー2



  • 5月の後半から、感染症のご相談は増えてきますが、暑い時期は全般的に多い傾向があります。梅雨の時期よりも、湿度が低下することで環境的な面は良くなってきますが、猛暑の場合、体調的な面で感染症を治りにくくさせることがあります。
    良くみられる感染症は、黄色ブドウ球菌によるトビヒ、ヘルペスウィルスが悪化したカポジ水痘様発疹症などです。
    いずれも重症化した場合には、医師での受診が必要になりますが、日頃の生活の中で、感染症に罹りにくくすることはできます。
    生活習慣を見直すようにしましょう。




  • 感染症に罹ると、赤みや炎症が増え、ジュクジュクした状態もみられるようになります。さらに、掻き壊しが加わると、自分の汗も浸みるように感じることがあります。基本的なスキンケア対策は「刺激が少ないスキンケア」「バリア機能を高めるスキンケア」の二つになります。こうしたスキンケアを行っても状況の改善が見られない場合や、逆に悪化している場合には、ためらわずに皮膚科を受診するようにしてください。特に、熱が出ている場合、体力も消耗しますので良くない状態です。気を付けるようにしましょう。










アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP