アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > 初夏から夏にかけてのアトピー対策

初夏から夏にかけてのアトピー対策

ユーザー2



  • 日頃、こうしたケアをしっかり行っていても、ちょっとしたことをきっかけに、状態が落ちることがあるかもしれません。特に、ステロイド剤やプロトピック軟膏など、免疫を抑制する薬剤を使用している方は、一定のケアを行っていても、常に「感染症」に対する一定のリスクを抱えた状態です。あるいは、休みの日に、ちょっと夜更かしをしたことをきっかけに、体調を崩して、そこから皮膚の状態も悪化した、ということがあるかもしれません。
    いずれにしても、最大限の注意を払っていても状態が落ちることがあるので、そういった場合には、状況に合わせたケアを考えていくことが大切になります。

  • ジュクジュク肌のケア
  • ジュクジュクした炎症を抱えている場合、多くは感染症が併発してその影響が見られているケースが多いものです。感染症自体は、病院での治療が必要になることもありますが、少しでも状態を持ち上げていくためには、「免疫力」と「バリア機能」を高めるケアを考えましょう。
    冬の場合、乾燥した状態にある肌のバリア機能を高めるためには、固形のオイル系アイテムを利用すると良かったのですが、ジュクジュクした炎症の場合、感染症の影響があると、オイル系のアイテムを使ったケアだけでは十分でないことが多いものです。
    こうした場合、まず適切な洗浄で肌を清潔に保ち、スキンケアの後に肌の上からチュビファーストなどで覆うことで擬似皮膚の代わりとなって、強力なケアが行え、感染症の対策につながることがあります。注意点としては、暑い時期、汗をかきやすいため包帯の下で汗がたまったまま長時間放置しておくと、今度は汗にかぶれることがありますので、短時間でこまめに付け替えるように注意しましょう。

  • 感染症は病院の受診も迷わずに
  • アトピー性皮膚炎の方で、長期にステロイド剤などの薬物を使用した経験がある方の場合、どうしても病院での受診を敬遠しがちになる方が多いようです。ただ、感染症にかかっている場合、睡眠がとれない状況にあったり、掻き壊しの状態が著しくひどい場合など、自分の自然治癒力よりも悪化させるスピードの方が勝っていると、感染症の状態から逸脱するのが容易でないことも多いものです。そうしたケースでは、適切な投薬が必要になることも多く、状況を見ながら病院の受診は迷わずに行うようにしましょう。なお、投薬によるマイナス点は当然あるわけですが、投薬によるメリット(ベネフィット・効果)がそのマイナス点よりも大きい場合には、薬剤の使用も「適切」と言えるでしょう。




アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP