アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > 初夏から夏にかけてのアトピー対策

初夏から夏にかけてのアトピー対策

ユーザー2


  • 「夏になるとアトピーが悪化しやすい」「苦手な夏を乗り切る方法を知りたい」乾燥する季節よりも夏の暑い時期にアトピーが悪化しやすい人は意外と多いもの。そんな方に心がけてもらいたい、暑い季節のアトピー対策をお伝えします。

  • 早めの対応で、夏の悪化を防ごう!
  • 紫外線を浴びた肌は、皮膚の免疫力に大きく関わるランゲルハンス細胞に影響を与え、肌の防御力を低下させます。また、皮膚の常在菌であるマラセチア菌が汗と反応してタンパク質を分泌、このタンパク質が炎症反応を引き起こすことが最近、広島大学の研究結果として発表されています。
    また、掻き壊しなどによって、皮膚の防御力が低下すると、感染症にかかりやすくなります。
    先日、慶応大学と米国国立衛生研究所(NHI)が黄色ブドウ球菌とアトピー性皮膚炎の関係について研究結果を発表していましたが、感染症にかかることで、アトピー性皮膚炎の症状を悪化させるだけでなく、アレルギー自体も増悪させ、それらが悪循環を形成することで、皮膚の状態を一気に悪化させやすくなります。
    特に、これから気温が上昇すると、感染症の原因菌やウィルスは増殖しやすい環境になりますから、皮膚の防御力の低下は、より感染症のリスクを高めることにつながりやすいと言えるでしょう。そこで、まず大切になるのは、肌の免疫力を「落とさない」ケアを考えていくことです。






アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP