アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > みんなのアトピー相談

みんなのアトピー相談

ユーザー2




  • 言われてみれば、調子が良いからとついつい夜ふかしになっていましたし、仕事の残業なども多く、さらに飲み会などで遅くまでお酒を飲む事も多かった気がします。疲れが慢性的にあったにもかかわらず油断していたと思います。

  • なるほど、無理もありませんよね。それらが原因であるならば、改善していくためには何よりも生活の中で症状を再発させた生活から、改善させる生活に切り替える事が重要になります。

    仕事が絡んでいますから、なかなか完璧に改善することは難しいかもしれませんが、できる範囲で、夜ふかしをなくし、付き合いを減らし、しっかり湯治をして良い睡眠を確保する方向で頑張ってみて下さい。

    本来、生活習慣は毎日の生活の積み重ねですから、良い生活を積み重ねるか、あるいは悪い生活を積み重ねるかは、体に対して大きく影響してきます。





  • 体を健康に導く生活習慣が積み重なれば、内分泌や自律神経機能が良い状態を維持でき、当然、それらに影響を受けている免疫機能も良い状態に安定します。逆に、体に負荷を与える生活習慣が積み重なれば、逆の理由で免疫機能も不安定になり、痒みや炎症が現れやすい状況が作られることになります。
    こうした生活面の改善は、自分自身で組み立てていくものです。仕事面での負荷がかかる生活を改善することは、仕事を続けながら行おうとした場合、一定の負荷がかかった状態で行わなければならず、難しい面は多いのですが、そうした時には、生活の中でどこか一つだけは「良い状態」を保てるようにしてみましょう。
    例えば、睡眠時間だけは確保する、あるいは食事は休みの日に手作りで作ったものを冷凍保存して、それを温めて手作りの料理を食べる、などです。生活面の改善は、何度も言いますが、積み重ねとして蓄積していくものですから、意識して行うようにしましょう。

  • 既に出てしまっている症状については、スキンケアでケアをしながら、改善を模索して行きましょう。
    これから空気の乾燥と冷えが影響してくる季節を迎えます。まずしっかりローション系アイテムで水分をしっかり与えて、その上にクリームやオイル等でバリア層を補ってあげましょう。Kさんが、お使いになっているアイテムでは、APローションとAPクリームをセットで使うと良いでしょう。



  • お風呂は、40度以下の温度で40分から60分程度を目安に、仕事のある日は1回で構いませんので、しっかりと身体を温める必要があります。昔を思い出して湯治しましょう。その際に、活水器があればベストですが、無くても最低限塩素対策したお水でお湯を沸かし、そこに濃縮温泉を混ぜて、低刺激で良く温まる環境を作ってください。そして、しっかり改善するまで定期的に経過報告をお待ちしております。

    今回のような、油断からくる再発は、しっかり改善点のポイントをおさえていけば、比較的短期間で改善するものです。焦らずに、しっかりと改善までサポートしますので、些細な事でも構いませんから、症状の変化や、判断に迷う事などがあればご相談下さいね。では頑張っていきましょう!




アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP