アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > 梅雨から初夏にかけて気をつけたい生活のポイント

梅雨から初夏にかけて気をつけたい生活のポイント

ユーザー2



  • 睡眠は、アトピー性皮膚炎を克服するために、また症状を悪化させないために、体に影響を与える生活習慣としては最も重要だと言えるでしょう。梅雨の時期は湿度が高く、そして初夏からは気温が上昇することで、寝苦しくなったり、寝汗でかゆみが生じることもあります。まずは、衣類と寝具を、気温と湿度に合わせて工夫するようにしましょう。

  • 最近は、スマホの普及に伴い、就寝時間が遅くなる傾向が相談の中でも見られます。かゆみなど、アトピー性皮膚炎の症状が原因で睡眠が取れない状況はまだしも、こうしたスマホやゲームなどに熱中して、睡眠時間が確保できない状況を作ることは、アトピー性皮膚炎の方にとって大きなマイナス要因と言えます。
    生活を「どのように作っていくのか」は、アトピー性皮膚炎をどう治していくのか、という本人の自覚の問題につながってくる部分は多いと言えます。特に就寝時間は、寝付きが良いか悪いかは別にして、少なくとも布団に入る時間は本人が「決められる」ことです。今、自分にとって、何をすることが求められているのか、そして何をしなければならないのか、アトピー性皮膚炎の克服を目指していくためには、しっかりとした「目標」意識を持って取り組むようにしましょう


  • 「汗をかくこと」、アトピー改善には必要です。この時期に汗をかく習慣をつけると、秋冬の肌の状態は格段に良くなります。というのも汗には感染症から肌を守る「抗菌ペプチド」という成分が含まれています。また汗は皮脂と混ざり、弱酸性の皮脂膜を形成することで、二重に日和見菌の感染から肌を守る効果があります。
    さらに、新陳代謝も上がりますので、体の機能改善や細胞の活性化、デトックス効果などで、体の中からアトピーの原因を改善する効果もあります。
    そして、もう一つ大切なポイントが、「かいた汗を放置しない」と言うことです。
    日常生活では、温泉やミネラルウォーターを含んだおしぼりを持ち歩いて、汗をかいたらこまめにふきとるようにすると良いでしょう。




アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP