アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > アトピー克服のキホン

アトピー克服のキホン

ユーザー2


  • 冬は乾燥の季節。肌が乾燥するとかゆみが増し、症状悪化につながりやすいものです。
    だから、冬は肌の乾燥をしっかり防ぐケアが大切になります。
    特に今年の冬は、かなり冷え込む予報が出ているようです。
    気温が下がることで湿度も下がり、より乾燥しやすいので注意が必要です。
    適切なスキンケアと入浴で、寒い冬を上手に乗り切り、肌の状態を維持、さらにアップ(回復)させましょう。


  • 乾燥した肌は、角質層の水分量が不足している状 態です。角質層の水分減少は、症状悪化の大きな要 因となります。

  • バリア機能の低下

  • 肌の角質層をレンガ造りの壁にたとえると、健全な状態ではレンガがキレイに積み重なり、異物の侵入を防いでいます。しかし角質層内の水分が不足すると、きれいに積み重なったレンガが崩れ、その隙 間からアレルゲン、細菌、ウイルスなどの異物が侵 入しやすくなります。

    これらのアレルゲン、細菌、ウイルスが、皮膚下における免疫の活動を誘発することで、炎症が生じてかゆみにつながるようになります。 
    角質層内に水 分が保たれるようになれば、再び真皮内に戻ってい くことがわかっています。
  • かゆみを感じる神経線維が伸びる
  • 皮膚の奥にはかゆみを感じる神経線維があり、通常は角質層の真皮内にとどまっています。しかし、角質層の水分が減って乾燥してくると、かゆみを感じる神経線維が角質層内に伸びてきてます。すると、皮膚へのわずかな刺激でも、かゆみと感じやすくなります。かゆみを感じる神経線維は、角質層内に水 分が保たれるようになれば、再び真皮内に戻ってくことがわかっています。


    角質層の水分不足は、皮膚の炎症やかゆみの原因につながることがわかっています。
    そこで大切なのは、角質層の水分量を保持させること。必要になるのは、適切なスキンケアです。



アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP