アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > 夏のさっぱりスキンケア

夏のさっぱりスキンケア

ユーザー2


  • 寒さが次第に和らいでくる春先は、自律神経も不安定になりがちで、肌の調子を崩す人も多いもの。春に向けてのスキンケアのコツをつかんで、これからの季節を楽しみましょう!


  • ワセリンでは補えない肌の保水

    ステロイド剤やプロトピック軟膏は、基本的なベースに「ワセリン」を使用しています。また、病院で渡される保湿剤もワセリン、プロペトが多く、肌に塗った場合、これからの暑い時期には、どうしてもべたつき感が出てきてしまいます。 
    また、ワセリンは、スキンケアの基本である「保水」「保湿」「保護」の中の「保湿」「保護」には役立ちますが、水分を全く含まない油分のため、「保水」の機能がありません。

    ジェルが薬のべたつきを抑えてくれる

    薬をお使いの方に多いのですが、肌に薬をぬることで、薬に含まれるワセリンなどで、スキンケアが行えたように感じてしまいます。しかし、実際に行われているのは「水分が不足した」状態でのスキンケアにすぎません。その結果、乾燥によるかゆみや炎症になやまされる、というケースを見受けます。
    特に、ステロイド剤やプロトピック軟膏は、免疫を抑制することでかゆみを抑える薬剤ですから、乾燥から生じるかゆみの神経線維が関わる「かゆみ」には、あまり効果が発揮されません。「お薬を使ってもかゆみがなかなかひかない」という状況の中には、こういったケースが多いと言えます。
    そこで、べたつき感の防止、さらに適切な水分を保持させるスキンケアを目標にするため、薬やワセリン、プロペトをお使いの方は、ジェル系のアイテムと一緒に使ってみましょう。 
    ジェル系の成分が、ワセリン特有のべたつき感を抑え、サラっとした肌の感覚を保ってくれます。使う順番は、薬やワセリンをぬってから、ジェル系のアイテムを使うとよいでしょう。

    肌の乾燥を感じる場合

    夏場の時期は、湿度も高く、冬場のような乾燥は感じづらくなりますが、肌の状態によっては、乾燥を感じる方も多いでしょう。
    乾燥を感じる方には「プルル・モイスチャーベール」がオススメです。 
    ワセリンよりも高い水分保持能力があり、水分も含んだジェル系アイテムなので、薬を使いながらスキンケアを適切に行う際には、うってつけのアイテムと言えます。

    乾燥はあまり感じない場合

    肌の乾燥をあまり感じていない場合には、「プルル・ジェル」や「プルル・ジェル+D」がよいでしょう。 アトピー性皮膚炎に特有の肌の不快な状態を感じている場合は、たっぷりと二度塗り、三度塗りすると、さらに効果的です。



アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP