アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > 12~1月のスキンケア・ ポイント

12~1月のスキンケア・ ポイント

ユーザー2



  • アトピー性皮膚炎の肌には2つの大きな問題点があります。 それは「角質層の水分が不足しがち」なことと、「皮膚のバリア機能が弱い」こと。

  • 角質層の水分が不足すると…

  • 角質層内の水分量が低下して肌が乾燥すると、通常は肌の奥(真皮内)にとどまっているはずの 「かゆみの神経線維」が肌の表面部(表皮内)に侵入してきます。この神経線維が伸びてくることで、肌に対するさまざまな刺激が、 かゆみとして知覚されやすくなります。

  • 肌のバリア機能が弱くなると…
  • かゆみで肌をかき壊すと、皮膚のバリア機能(肌を外部の異物から守る機能)が低下します。異物が 侵入しやすくなると、異物を追い出そうとする免疫反応(=炎症)が起きやすくなり、かゆみにつながります。  
    健康な肌には表皮ブドウ球菌などの善玉常在菌が多く、皮膚を弱酸性に保ち、皮脂を作り出して肌を守ってくれています。 本来は表皮ブドウ球菌で覆われている肌の菌相が崩れると、バリア機能が低下し、黄色ブドウ球菌やヘルペスウイルスなどの繁殖を許し、 感染症を起こしやすくなります。  
    冬に大気が乾燥すると、特に角質層の水分不足が深刻になります。乾燥によって、角質層内の水分が大気中に蒸散しやすくなるために 水分量が減り、肌の乾燥がひどくなります。また、気温が低くなれば、夏よりも汗をかく機会が少なくなり皮脂の分泌量も減るため、 自分の体で行うスキンケアの力も低下しやすくなります。
    したがってこれからの季節は、肌の乾燥を防ぐためのスキンケアを行うことが大切になります。ここでのポイントは、 「湿度の低下による角質層の水分蒸散量の上昇を抑える」こと、つまり「保湿」が大切と言えるでしょう。

    具体的には、皮脂膜の代わりとなるスキンケアを考えることが大切です。皮脂膜を作る材料と言える「皮脂」、つまりオイル系の成分を含むアイテムが適しています。



アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP