アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > 夢を実現するためのアトピーの治し方基本マニュアル

夢を実現するためのアトピーの治し方基本マニュアル

ユーザー2





  • 免疫機能は、自律神経と内分泌(ホルモン)の影響下にあります。 生活の中で様々な負荷(睡眠不足、栄養のアンバランス、代謝力の低下、ストレスなど)を受け続けると、 自律神経や内分泌の機能が低下します。その結果として、免疫機能も異常な状態になります。
    睡眠や食事は、本人の意志により改善しやすいものですが、新陳代謝力を上げようとする場合は、 運動や入浴などを毎日の生活の中に取り入れなければなりません。  
    運動を継続的に行うことはなかなか難しいものですが、入浴ならばもともと生活習慣 となっているもの。無理なく代謝機能を促進させるためには、有効な方法といえるでしょう。









  • アトピー性皮膚炎の主な症状は「かゆみ」です。かゆみは、体内の免疫活動(アレルギー)による炎症から生じる場合と、 皮膚機能が関わる場合があります。  
    皮膚機能に関わる場合は、角質層内に伸びた「かゆみを知覚する神経線維」が皮膚を刺激することでかゆみを感じます。  
    かゆみを知覚する神経線維は、通常は角質層の下の真皮内にとどまっています。しかし、角質層が水分を失い乾燥すると、神経線維が角質層内に 侵入して外部からの刺激に反応しやすくなります。アトピー性皮膚炎の場合、角質層でバリア機能や水分保持を担うセラミドやフィラグリンなどが 不足する傾向があり、肌が乾燥してかゆみを知覚する神経線維も伸びやすい状態です。  
    乾燥した角質層内にうるおいが戻れば、伸びた神経線維は真皮内に引っ込むのでかゆみは治まります。ここで大切なのが、角質層内に水分を 保持させるためのスキンケアなのです。















アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP