アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > お肌の 冬の準備を 始めましょう

お肌の 冬の準備を 始めましょう

ユーザー2


  • に向けた アトピーケアの注意点
  • 大気の乾燥が始まると、角質層の水分は蒸散しやす い状況になって、お肌の乾燥が始まります。
    特に、角質層の細胞間脂質で水分を保持するセラミ ドやフィラグリンなどが少ない人は、蒸散の量が多く なり、痒みを知覚する神経線維が角質層内に侵入する ことで痛みを感じやすくなります。
    そこで、寒くなり始めるこれからの時期、角質層に 対する水分の補給と保持、そして蒸散を軽減させる対 処を行っていくことが必要です。
  • 保水はお肌を「濡らす」感覚で!
  • 角質層に対する水分の補給は、ローションやジェル、 温泉水などで「保水」を行うことが基本です。  ただ、気をつけて欲しいのは、アトピー性皮膚炎の 方の場合、皮膚に水分を留めておく因子が不足してい る方が多く、アトピー性皮膚炎ではない「乾燥肌」の 方よりも、はるかに多い水分量を与える必要がありま す。
    アトピー性皮膚炎の症状が悪化する原因の一つは、 この「適切な水分補給ができていない」というケース です。  お肌が「湿る」、という感覚ではなく、お肌を「濡らす」 ぐらいの感覚で保水を行うようにしてみましょう。
  • ジェルの重ね塗りが最強
  • ローション系のアイテムは、ほぼ水分ですので、お 肌に留めることが難しく、流れ落ちないように気をつ けて塗ると、それほど多くの水分量を与えることはで きません。 保水の量を増やすには、ローション系よりもお肌に 留めて伸ばすジェル系のアイテムの方が適していると いえるでしょう。使い方はたっぷりの量を、丁寧に塗 り込み、それを2〜3回くり返す方法が効果大です。
    ローション系のアイテムの方が良い方は、コットン などを使った「パック」を行ってみると良いでしょう。 コットンを塗布する目安は5分〜15分ぐらいで調整してみましょう。 また、保湿成分や有効成分が含まれた「シートケア」 と併用すると、角質層の水分量を効果的にためること ができます。
  • ローション系なら 頻度を多くが鉄則
  • 顔や首、手など、露出した部位は、大気の乾燥の 影響を受けやすく、ムズムズ、チクチクした違和感 お肌の 冬の準備を 始めましょう 冬に症状が悪化するアトピー性皮膚炎の方は多くおられますが、 悪化のもっとも主な原因は「乾燥」にあります。 冬を前に、お肌のコンディションを上げておくために必要なケア を考えてみましょう。 6 がある場合には、保水する回数を増やすようにしてみ ましょう。
    また、寒い時期、ローション系アイテムは皮膚に塗 布するとひやっとすることがありますが、その場合は、 いったん手のひらに移してから使用するなどしてみて ください。なお、アトマイザーをお使いの方は、少量 用のボトルにして、体温ほどに温めて使用するのも良 いでしょう。
  • サプリで保水を高める
  • 角質層内の細胞間脂質の中に、水分を留めておく成 分がアトピー性皮膚炎の方は少ないことが、以前から 研究により分かっています。最初に注目されたのはセラミドでした。
    ある研究によれば、アトピー性皮膚炎の方の8割程 度に角質層のセラミドが不足した状況が見られたそう です。
    化粧品の原料でも、セラミド、あるいはセラミド様 物質は、いろいろとありますが、基本的にセラミドは 高分子のため、角質層のバリアを抜けることは難しい 成分です。
    最近はナノカプセルを使い、真皮にセラミドを届け るようなスキンケア成分もありますが、そもそも、皮 膚で必要なセラミドは6種類ほどあり、化粧品に配合 された「セラミド」は、擬似セラミドであって皮膚の セラミドを完全に補完することはできません。 角質層内のセラミドを補完するために必要なのは、自 分の体で「セラミド」を作り出せるようなサポートを 行うことです。
    これは、数年前に京都大学が発表したセラミドと同 じ水分保持の働きを行う、フィラグリンも同様です。 約半数のアトピー性皮膚炎の方が不足していることが 分かっています。 基本的に、こうした角質層内の水分を保持するため の働きは、化粧品よりもそうした機能を持つサプリメ ントの方が適しているでしょう。
  • うるおいを保つ基本は たっぷり保水の後、油分でふた
  • アトピー性皮膚炎で乾燥した肌は、例えると「砂漠」の状況です。 少々の水を撒いただけでは、すぐに吸収されて乾燥 がなかなか改善しません。 ジョウロでチョロチョロと水をかけるの ではなく、バケツで大量の水を撒くことが 必要になるのです。
    そうして大量に与えた水分の蒸散を少 しでも遅らせるために、油分の膜で皮膚 を覆うことが大切です。
    油分はバリア機能の一部として機能し ますが、ここでは、蒸散を遅らせること が目的ですので油分の膜は薄くても構い ません。







アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook

アトピーを知ろう!あとぴナビJP