アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > 冬の アトピーケア 後編

冬の アトピーケア 後編

ユーザー2
  • アトピー性皮膚炎の 方で、「誤ったスキンケ ア」としてもっとも頻繁に目にするのが 「保水不足」です。  
    ごわついた肌に油分を塗ると、皮膚が 柔らかくなるため、また油分だけのアイ テムは、掻き傷やダメージがある肌でも 浸みづらいことから、そのケアで満足す る方がいます。  
    しかし、オイル系アイテムは、基本的 に油分だけで構成されていますので、水 分を基本的に含んでいません。 乾燥でお悩みの方の肌は、いわば「乾い た砂場」の状態です。  
    そこに、ブルーシート(オイルア イテム)をかけても、乾いた砂場が すぐに潤うことはありません。シー トをかける前に、砂場に「水を含 ませる」必要があります。 また、同様に例えるなら、健常な 方で乾燥に悩んでいない方の肌は「日蔭 の湿り気のある土」と言えます。乾い た砂場を、その湿り気の土の状態に近づ けるためには、「ジョウロで水をかける」 だけでは足りていないことがほとんどで す。極端な表現ですが、バケツで思いっ きり水を撒く必要があります。それも 何度も撒かないと乾いた砂場は吸収も早 く、湿った状態を作り出せないでしょう。  
    アトピー性皮膚炎の方が、冬場の乾燥 時期、もっとも意識したいのは、この「水 分を十分に肌に与える」ことに尽きると 言えます。保水が十分でないと、痒みの 神経線維が真皮内から角質層に侵入す ることで肌への刺激を痒みと知覚しやす くなる問題や、細菌叢が乱れることで生 じるアレルギー的要因の強化など、いく つも「マイナス」の材料を抱えることに なります。  
    一般の方のスキンケアは水分の蒸散を 防ぐための「保湿」ケアが基本になるこ とが多いのですが、アトピー性皮膚炎の 方は、そもそも角質層内の水分量が絶対 的に足りていない状態と言えます。その ため、一般の方とは違い、アトピー性皮 膚炎の方のスキンケアの基本は、ほとん どの方が、「保湿」よりも「保水」を重 視すべきと言えるでしょう。  なお、角質層に対して十分に水分を与 えても、放置しておくと自然に蒸散して いきます。そのため、与えた水分を留め る「保湿」ケアは、乾燥する時期には必 須のケアとして行うようにしましょう。  
    健常な方は別ですが、アトピー性皮膚 炎の方の場合、「保水」ができていないと、 角質層の乾燥から生じるさまざまな問題 点が解決できない、というリスクを抱え ますが、同時に、「保湿」もできていないと、 せっかく水分を十分に肌に与えた意味合 いが「薄く」なります。 「保水」を基本に「保湿」と、肌状態に 合わせて「保護」のケアを上手に組合わ せて用いるように心がけましょう。





アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook

アトピーを知ろう!あとぴナビJP