アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > 梅雨から初夏にかけての 一日のアトピーケアとは?

梅雨から初夏にかけての 一日のアトピーケアとは?

ユーザー2


  • 解説
  • 梅雨から初夏にかけて、日中は気 温が上昇して汗もでやすいので、お肌 の掻き壊しなどが強くなければ、ロー ションなどの保水ケアが中心で良いで しょう。なお、乾燥が気になる方はジェ ル(プルルジェル+D)やクリーム(A Pクリーム+SD)での保湿を忘れず に。ジュクジュクした状態が強ければ サージオイルと安然宣言スキンクリー ムで強力保護ケアを行いましょう。  紫外線対策は、これからの時期、大 切になります。  皮膚の免疫機能を司る一つはランゲ ルハンス細胞ですが、紫外線でダメー ジを受けることが分かっています。紫 外線の強い時期、UVケアを怠ると、 アトピー性皮膚炎の方がこれからの時 期、もっとも気をつけなければならな い「感染症」のリスクが高まることに なります。  アトピー性皮膚炎の症状を悪化させ る大きな要因ですので対策を忘れない ようにしましょう。




  • 解説
  • 通常のお洗濯は、洗濯機を利用する方 がほとんどでしょう。しかし、洗濯機で のすすぎは、回数をどれだけ増やしても、 一定の洗剤が衣類に残存することを防ぐ ことができません。 従来の洗濯洗剤(純石鹸、合成洗剤とも に)は、界面活性剤の作用で汚れを落と しています。衣類に残留した界面活性剤 は、汗と乳化することで皮脂を落としや すくなりますから、肌のバリア機能の低 下を招きます。健常な方であれば皮脂は 落ちるよりも新しく供給される量の方が 多く、大きなマイナス点を抱えることは ありませんが、アトピー性皮膚炎の方は、 皮脂を作りづらい状況にあるため、皮脂 が落ちることによるバリア機能の低下、 という問題を抱えやすくなります。  
    特に汗をかく季節は要注意です。  
    肌着が触れる場所の炎症が気になる方 は、衣類の洗濯は、界面活性剤を使用し ていない洗剤、「安然宣言」を使ってみる と良いでしょう。特に乳幼児の方は、汗 と皮脂による皮脂膜を作り出す力も成長 している最中のため、こうした衣類の洗 剤から受ける影響は大きいようです。  
    洗剤に対しては、「合成洗剤は良くな いから純石鹸で」と考えている方が多い ようですが、合成洗剤も純石鹸も洗浄方 式は界面活性剤の力によるもので全く同 じです。毒性や環境への配慮は純石鹸の 方が高いと言われていますが、アトピー 性皮膚炎の方のバリア機能の問題からみ ると、合成洗剤も純石鹸もマイナスの影 響は同等に与えることになりますので注 意しましょう。





アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP