アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > 6月に気をつけたい アトピーケアとは?

6月に気をつけたい アトピーケアとは?

ユーザー2
  • 気温と共に湿度も上昇してきたこの時期、アトピー性皮膚炎の方のケアは、 冬や春の時期とは違ったケアを行う必要があります。 6月に気をつけたいアトピーケアについて考えていきましょう。
  • この時期の特徴として、湿度と気温が上昇、 皮膚のバリア機能が低下した状態にあるアト ピー性皮膚炎の方は、感染症の悪化からお肌 の状態を一気に落とすことがあります。  
    特に、ステロイド剤やプロトピック軟膏など、 免疫を抑制する薬剤を使用中の方は、皮膚の 細 菌叢(さいきんそう)(※)がもともと乱れやすい状態にあるた め、ちょっとしたかき壊しから、バリア機能を 大きく低下することにつながるケースがあり ます。  
    本格的な梅雨がはじまる前に、感染症を伴 う状態でお肌の状態を落とすことになると、 夏が終わるまで一進一退を続けるケースが多く なりますので、これからの時期、お肌のケア は重要になってきます。  洗浄を含めたケアをしっかり行うようにし ましょう。 
  • 保水ケアを忘れずに
  • 湿度が上昇してくると、ケアアイテムが ローションやジェルなど、「さっ ぱり」タイプのものに変わって くる方も多くなります。  
    角質層の水分蒸散量が減れ ば(乾燥が緩和する)、オイル 系アイテムを用いた保湿ケアが減少 しても悪くはありません。  
    しかし、意外に多くみられるのが 「保水ケアが不足している」状態です。  保水アイテムを使用する場合、湿 度があがってくると、お肌の質感も 変わってくるため、「軽く」ケアする 方も多いようです。  しかし、アトピー性皮膚炎の方に 必要な「肌状態」とは、お肌のバリ アがしっかり機能している状態です。 角質層の水分蒸散量が健常な方と比 べると低くなりがちなアトピー性皮 膚炎の方の場合、バリア機能をアッ プ、あるいは維持していくためにも、 健常な方よりも多めの「保水」ケア が必要なことに変わりはありません。  保湿ケアによるカバーが減る分、 保水ケアは多めに行うことを忘れ ないようにしましょう。
  • 保水ケアを重ね塗りがおススメ
  • では、どれくらいの量、「保水ケア」 を行えば良いのでしょうか?  一つの目安として、保水ケアが足 りていない方の場合、サッとお肌に 保水するケア方法が通常行っているケアだと すると、そのケア方法で良いので、3回ほど重 ねて行うようにしましょう。  
    ケアを行う範囲にもよりますが、仮に両腕 のケアを行う場合、 30 秒ほどで終わっていると きは、たいがい「保水の量が足りない状態」と 言えます。  
    たっぷり与えた水分を、しっかりお肌にな じませ浸透させていくためには、重ね塗りを 3回行えば、数分は必要になります。  
    健常な方の肌状態と、アトピー性皮膚炎の 方の肌状態は、角質層内に留めておける水分 量が異なること、そして必要な水分量が足り ない状態が続けば、肌の表面上、乾燥状態を 感じなかったとしても、痒みを知覚する神経 線維の問題や、皮膚の細菌叢(さいきんそう)の状態に伴うバ リア機能は低下気味の状態にあることは確か です。  保水は十分に行うことを忘れないようにし ましょう。
  • 洗浄もしっかり行いましょう
  • 汗は、お肌が自らの力で行う「スキンケア」 には必要不可欠ですが(汗と皮脂が混じり合っ て皮脂膜を形成、スキンケアを行う)、同時に マラセチア菌(真菌)による痒みの原因にも なり得ます。  
    汗をしっかりかくこと、そしてかいた汗は 素早く拭き取り、お肌に残さないようにする ことが大切です。  これから汗をかく時期、洗浄は適切に行う ことを心がけましょう。





アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP