アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > この夏~残暑、 知っておきたい豆知識 3

この夏~残暑、 知っておきたい豆知識 3

ユーザー2



  • お風呂をためる際、自動湯沸かし器な どを利用すると、たいがいの場合、1℃ 単位で湯温を設定できます。しかし、こ こで表示されている湯温は、入ってから のことを考え、実際の湯温が表示温度 よりも高い場合があります。
    症状によっては、1℃の温度差が、改 善や悪化につながることも多いので、 入浴温度を確認する際には、一度、湯 温計で計って確認してみることをお勧め します。特に状態が思わしくないときは 注意が必要です。 ご自分の最適入浴温度がわからないと いう方は、無料相談ダイヤルにて確認 ください。





  • 頭皮の痒みにお悩みの方 は、意外と多くおられます。 冬場は、乾燥から生じる痒 みが原因となっている方が 多いのですが、夏場の時期 は、汗による蒸れから炎症 を生じ、痒みに繋がってい るケースが多いようです。 頭皮も、「髪の毛」が生えて いるだけで「皮膚」であるこ とに変わりはありません。腕や足など体毛 が生えている部位と同じです。しかし、髪 の毛は帯電しやすいため、大気中の異物 を付着させやすく、他の部位よりも、異 物による刺激や感染症に注意が必要にな ります。
    そして、夏場は汗をかくことで、こうした 異物が毛孔から侵入、炎症を生じること で、痒みに繋がりやすくなります。 そこで気をつけたいのが、頭皮のケアと 同時に感染症の原因ともなる「髪の毛」 の対策です。
    もっとも簡単な対策は、髪の毛を「なくし てしまう」ことですが、職場や学校、特に 女性の場合、髪の毛を剃ることは現実的 ではないでしょう。また、髪の毛がないと、 紫外線を直接頭皮に浴びる、という問題 もあります。
    そこで、「髪の毛」の対策が行えるケアア イテムを利用しましょう。プルルスカルプ ローションは、頭皮を優しくケアしてくれ るスキンケア機能だけでなく、髪の毛を 抗菌することで、髪の毛を由来とする刺激 や感染症から頭皮を守ってくれます。 また、暑い季節の頭皮ケアとしては、毎 日の「洗浄」も大切になります。
    頭皮にとって最適な環境を考えるならば、 界面活性剤を含まないAPゼロウォッシュ が適しているでしょう。シャンプーや純石 鹸で洗浄する方は、どうしても一定量の 頭皮の皮脂を落とすことになりますので、 洗浄後の「スカルプケア」を忘れないよ うにしましょう。 夏の頭皮ケアは、「髪の毛」の対策も意 識するようにしましょう。




アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook