アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > 7月のアトピーケアについて

7月のアトピーケアについて

ユーザー2



  • まず、猛暑というと真っ先 に思い浮かぶのが、「熱帯夜」 ではないでしょうか?  
    夜中も3 0℃近い気温が続く と、アトピー性皮膚炎でない 方も寝苦しさを感じることが 多くなります。  
    そして、アトピー性皮膚炎 の方の場合、単に寝苦しいだ けでなく、「寝汗」が夜の睡 眠を妨げやすくなります。  
    汗は、マラセチア菌の関係 で、炎症や痒みにつながりや すくなることが分かっていま すが、同じ姿勢で寝具に密着 する睡眠時は、汗が寝具との 間にたまりやすくなり、痒み が出やすい状況になるようで す。  
    夜の睡眠が寝汗で取りにく く感じる方は、汗がこもりに くい寝具などを用いるなど、 寝間着や寝具で工夫を行うよ うにすると良いでしょう。  
    また、扇風機やエアコンな ども適度に利用して、寝汗対 策を行うようにしましょう。





  • 猛暑の中では、熱中症対策 のため、どうしてもエアコン の使用頻度が増えてくること になります。しかし、エアコ ン内部の熱交換システムとは、 空気が通過する際、含まれる 水蒸気を冷やして水滴にして 除去する働きのため、基本的 に、吸い込む空気より水分量 が少ない空気が吐き出され、 相対湿度が下がる=空気が乾 燥する、ということに繋がり ます。  
    空気が乾燥すれば、皮膚の 水分蒸散量は必然的に上昇、 そして肌が「乾燥した」状態 に向かうことになります。  
    夏は、汗をかきやすく、本来、 汗によるスキンケアの効果に より冬の乾燥時期よりも肌の 乾燥は緩和するはずですが、 最近は猛暑によりエアコンが一 日中使われることも多くなり、 冬と同じような「肌の乾燥」 を促す環境の中で過ごすこと が多くなっていると考えた方 が良いでしょう。  
    したがって、エアコンを使い 始めた時には、夏の時期でも 「保水」と「保湿」のケアは、 少し「強め」に行うように工 夫しましょう。  また、冷房の中で一日中過 ごした場合、設定温度が低め だと、体の熱を奪われないよ うに血流が悪い状態=冷えの 状態、に陥ることがあります。  
    意外と夏でも「冷え」を感 じる方は多いのですが、その 最も大きな原因はエアコンの 継続使用にあると考えて良い でしょう。  
    冷えの状態は、掻き壊して ダメージを受けた肌の修復を 遅らせ、また未熟な毛細血管 の関係により、痒みにつなが ることもあります(あとぴナ ビ2016年春号、特集「教 えます! 毛細血管がアトピー を改善する理由)。 とはいえ、猛暑の中でエアコン を使用せずに我慢して、万一、 熱中症を招いては大変なこと になります。  
    エアコンは適度に使いなが ら、「乾燥対策」そして「冷え 対策」を行うようにしましょ う。





アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP