アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > 夏のアトピー対策

夏のアトピー対策

ユーザー2



  • 汗や紫外線により、お肌の状態 が落ちた場合、黄色ブドウ球 菌やヘルペスウィルスなどの感染症 に罹ることがあります。  
    また湿度が高くなって、そうした 病原性の細菌などが活発に活動する ことで、汗や紫外線とは関係なく罹 患し、そこからアトピー性皮膚炎そ のものを悪化させることもあります。  
    感染症に罹患すると、炎症や痒み、 掻き壊しによるバリア機能の低下、 といった悪循環に陥る要因とは別に、 罹患した感染症への対策も必要にな ることがあり、お肌の状態を回復さ せるまでに長時間必要になることが あります。  
    罹患した感染症の種類や状態にも よりますが、掻き壊しが強かったり、 夜の睡眠が取れず、体調が低下して いると、薬剤での適切な「補助」が 必要になることもあります。  
    元々、お肌の状態が悪化している と、感染症かどうかの判断が難しい こともあるのですが、「微熱が続いて いる」「高熱が出た」「炎症部位に鈍 い痛みがある」「炎症部位が腫れてい る」などの症状が見られた場合には、 主治医に一度、相談するようにしま しょう。  その上で、生活内での対策も行う ようにしましょう。







アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP