アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ > 夏のアトピー対策

夏のアトピー対策

ユーザー2




  • 冬から春にかけては、大気の乾燥から角質層 の水分蒸散量が増加、バリア機能が低下するこ とで、皮膚が異常な細菌叢を形成します。そして、 黄色ブドウ球菌などによりIgEが増加するこ とで、アレルギー的な要因からアトピー性皮膚炎 の症状が悪化します。  
    夏の時期は、湿度が上昇することで、角質層 の水分蒸散量は冬の時期と比べると低くなりま すが、汗や紫外線など、違った悪化要因が増え ます。やっかいなのは、悪化要因が増えることで アレルギー的な要因も増加、痒みや炎症が増悪 しますが、同時にアトピー性皮膚炎の症状を悪 化させる原因となる感染症を引き起こしやすく なることです。  
    特に、黄色ブドウ球菌の感染症が増悪すると、 直接、IgEを増強することにもなりますし、ヘ ルペスウィルスが原因となるカポジ水痘様発疹 症は、皮膚症状だけでなく、高熱や痛みなど全 身症状の悪化を伴います。  
    外的な環境は、湿度と気温が高まることで、 こうした細菌やウィルスが増殖しやすくなってい るため、いったん感染症に陥ると、そこからの回 復には、薬剤による治療が必要になることも少 なくありません。  
    まずは、これからの時期、感染症の悪化につ ながるような、「肌の悪化要因」をできる限り少 なくし、対処するように心がけていきましょう



  • 対策で必要なのは、まず「汗対策」 です。 汗は、皮膚のスキンケアの役割︵皮 脂と汗が乳化することで弱酸性の皮 脂膜を形成する︶を担っていて、「不 必要」なものではありません。しか し、平成2 5年6月には、広島大学が、 マラセチア属真菌が関係するヒトの 汗の中に含まれるヒスタミン遊離活 性物質︵汗抗原︶がアトピー性皮膚 炎の悪化要因であることを突き止め た研究発表を行ったように、汗は、 痒みを引き起こす原因の一つと言え ます。  
    気温の上昇と共に、汗をかきやす くなり、そして湿度が高くなること で、かいた汗が皮膚に溜まりやすく なる、この状態で痒みが強くなると、 掻き壊しからバリア機能が低下、感 染症が増悪しやすい環境につながる と言えるでしょう。  かいた汗は長時間放置しないよう にしましょう。







アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP