アトピー治療ならあとぴナビホーム乳幼児ナビ > 乳幼児とアトピー

乳幼児とアトピー

ユーザー2
千葉先生 監修/千葉友幸(ちば ともゆき)
千葉クリニック院長
東京医科大学付属病院小児科で一般外来とアレルギー外来を担当後、東京都江戸川区に千葉クリニックを開業。
乳幼児から大人までアレルギー疾患の治療にあたり、アレルギー代替食の開発などにも力を入れている。
著書に『よくわかるアトピー性皮膚炎 一問一答』(共同出版)『子どものためのアトピー対策メニュー』(グラフ社)など多数。


質問:Question
赤ちゃんの肌の気になる症状
小児科と皮膚科の、どちらにかかるべき?
答え:Answer
まずはかかりつけの小児科医で相談を。

日頃からなじみがあり、家の事情もよく知っているから安心ですね。皮膚症状が強く皮疹を早く抑えたい場合は、やはり皮膚科がよいでしょう。咳や喘鳴がでやすい、胃腸が弱いなど、皮膚以外にも症状があり、家族内に喘息や鼻炎などの人がいる場合はアレルギー科へ。ここでは検査結果をもとに、総合的な生活指導が行われます。
 



アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP