アトピー治療ならあとぴナビホーム体験ナビ

アトピー性皮膚炎を克服した方たちの体験記をお届けします。

※ステロイド剤などの薬物に頼らず、日本オムバスの自宅温泉湯治で自らの自然治癒力を高めることで、アトピー性皮膚炎を克服した方の体験談を、随時掲載してまいります。
どうぞお楽しみに。
  •  すべての内容を閲覧できます。
  • フリー
  •  会員様限定ですべての内容を閲覧できます。(一部、フリーで閲覧可能) 
  • ユーザー1
オムバス式自宅温泉入浴法体験談
市川さちえさん ユーザー2
「人を癒す」が私のテーマ。体だけでなく、心ごと。満身創痍の自分だったからこそ見つけた新しい道
廣越紀子さん ユーザー2
アトピーを出さないための、 紀子さん流の「いろいろなこと」
横前寛太さん ユーザー2
こまめに写真を撮っては苦しい胸の内とともに送る、この密な情報提供で見事回復に向かった横前さん親子の場合をご紹介しましょう。
大庭明子さん ユーザー2
お母さまと一緒に。お母さまは週に1 度、明子さんは週に2 度のジム通いを継続中。
福元弘美さん ユーザー2
長年の望みを叶え、「これからは、後悔しない人生を送りたい」 あれから2年、今も元気にお過ごしか、そして、後悔したくない生き方をどのように実現しておられるか、お話をうかがいました。
野澤アテネくん ユーザー2
オリンピック選手として活躍する日を目指してアテネくんは今日も元気いっぱいです!
阿部 蒼桜ちゃん(10 歳) ユーザー2
生まれてすぐに乳児湿疹を発症。それが退かないため、生後2カ月頃からステロイド治療を開始。病院を転々としている頃にネットの掲示板 に書き込んだ質問に対する答えで自宅温泉湯治を知る。活水器を利用しての湯治を開始した。
加藤久岳さん ユーザー2
アトピー発症は高校の頃。西洋医学でアトピーを治そうとして治せず、社会人数年目で自宅温泉湯治を開始。戻せた体調も、激務とストレスがかかるたびに落ちてしまう繰り返し を経て、会社勤めを断念。自然農法での農業に転換し、生きいきと活動中。
市川さちえさん(フーレセラピスト) ユーザー2
幼少時はあせもが気になる程度だったが、成人後 に不摂生な生活が続き23 歳でアトピーを発症。 2年間ほど皮膚科に通いステロイド剤による治療 を行うが、症状は悪化の一途をたどる。薬に頼ら ない治療法を探し求め、日本オムバスの自宅温泉 湯治に出会う。 絶対に治ると信じて自宅温泉湯治に集中してか ら、約1年でアトピーを克服。現在はフーレセラ ピストとして活躍中。
宮本 陽菜さん(13歳) ユーザー2
幼い頃、自宅温泉湯治(と うじ) を続けてくれたお母さんのおかげでアトピー を克服できた宮本陽菜さん。今も元気で過ごせているか、陽菜さん の現在の様子を探りに、ご自宅へお邪魔することに。かつて語ってく れていた「大きくなったらミュージカル女優になる!」という夢に向 かって、なんと! すでに本格的に歩み始めている、そんな頼もし い現在の陽菜さんの姿がありました。
アトピー克服後のNew Life/My Work
片山 真衣ちゃん(6 歳) ユーザー2
活水器アクアゲインをレンタルしていたたった2週間の入浴で肌の回復が目に見えました!
静岡県 木下さん ユーザー2
相談員に細かく細かく アドバイスをもらって 再発したアトピーを克服しました!
石間伏さおりさん ユーザー2
幼少期からのアトピーを、一度は子どもの頃に治せたものの、再発してからはずっと長く引きずったまま…。そんなさおりさんでしたが、"心"と向き合うことで、アトピーから解放されていきました。
川内 茜さん ユーザー2
人の肌とは思えない肌になってしまった自分を見て、「正直、死んでしまいたいと思い詰めたこともしょっちゅうありました」とおっしゃる茜さん。肌も気持ちも最低最悪だったのは2014年秋のこと。一生抜け出せないかもと苦しんだその肌状態、あの時期も、気づけばすでに過去のことに。過酷で長かった茜さんの1日1日を支えたのは、ご家族の愛と、あとぴナビの「LINE相談」と、歌のチカラと、これからへの思い。茜さんがアトピーとの濃かった闘い、終わりが見えてきた今を語ってくださいました。
阿部希桜ちゃん( 8 歳) ユーザー2
「顔にもこんなに出ててんなぁ」 「ほんまや…。蒼桜と同じくらいひどかってんなぁ」 保育園のころの希桜ちゃんの写真を見て、ご両親は、ここまで強くアトピーが出ていた事実に今になって驚 かれます。毎日見ていた症状のはずなのに、今、改めて画像を見ると、当時の現実とは少し記憶が違うよう…。 それには大きな理由がありました。「経験」と「安心」がその理由のキーワード。阿部希桜ちゃんの克服ストー リーを一緒に見ていきましょう。
安藤七海さん(19 歳) ユーザー2
10年後も、ずっと元気です!あのときアトピーを治しておいてよかった!あれから10数年たって、七海さんはどんな"今"をお過ごしなのでしょう。肌の状態は?そして近況は?アトピーとの闘いが、心に体にもたらしたものも含めてお話を伺いました。
齊藤瑚太郎くん ユーザー2
あとぴナビメソッドの湯治でステロイドを使わずに肌をきれいにしていく姪御さん の姿を見て「これに賭けてみよう!」と決断した日から5年。その決断が大正解だっ た齊藤さんのケースをご紹介しましょう。
高橋里奈さん ユーザー2
分の未来は自分の努力で勝ち取る! 高橋里奈さんは、そう夢に燃えています。現在、看護学校の1年生。高校卒業後すぐに看護学校に入らず、1年浪人をしてまずはしっかりアトピーを治すことに励みました。健康体になってからつかんだ夢への道。今、手にした看護学校の毎日を「勉強、勉強でもうたいへん」と嘆きながらも、とても希望に満ちた明るい声で話されるのが印象的な里奈さんです。
横前佐千子さん寛太くん ユーザー2
2 歳でアトピーを発症し、ステロイドを10 歳まで使用。小学3 年生から自宅温泉湯治を始め、ステロイドの中止後、大きな離脱期を迎える。ひと月強で最悪の状態からは抜け出せたが、その後5 年ほどの間、あとぴナビの相談員と二人三脚でしっかり体作りをする。現在、中学3年生。アトピーは完治。
遠藤健介くん( 6 歳) ユーザー2
生後3カ月で膝裏から出血。1歳を過ぎたあたりでアトピーが顕著に。ステロイドを使わない治療を探し、漢方薬、そして温泉湯治に出合う。実質2 年ほ どでアトピーを克服。卵と甲殻類にアレルギーがあったものの、アトピー治癒とともに食物アレルギーも消える。
土井 祐季さん(31歳) ユーザー2
持って生まれたアトピーにステロイド外 用薬を15 年使用。日光アレルギーとも診断され、ステロイドは内服も。その後薬を一切断ち、源泉での自宅温泉湯治を開始。一旦アトピーを治すも、出産後に大きく再発。赤ちゃんもアトピーを発症。二人で湯治に励み、そこから1年ほどで母子ともに克服
勝田雄一さん(41 歳) ユーザー2
アトピー発症は15 歳。額にかゆみが起こり、皮膚科に通い出した。ステロイドは塗り薬を始め、 内服、注射も。他にも漢方薬、クロレラ、ニンニク、米ぬかなどを使った健康法も試す。 薬使用歴7 年半。以降、オムバスの自宅温泉湯治に切り替え、3年半で治癒。10 年後に再発。そこから2 年ほどで症状が出なくなる。もうぶり返さない自信も得た。
井上寛ひろき大くん(12歳)井上聖しょうた大くん(12歳) ユーザー2
双子の兄弟そろって生後すぐにアトピーを発症。ステロイドを使った治療に納得がいかず、生後9カ月の頃 オムバスと出合いステロイドを断つ。湯治を開始後2歳の頃に最悪の離脱症状が出るが、その後回復に向かう。以後、部分的に症状が出る程度の時期が続き、克服にいたる。
伊礼清子さん(42 歳) ユーザー2
子どもの頃から肌が弱く、中学生になってからステロイドを常用。ステロイド療法だけでなく、漢方薬、ドクダミ、野菜汁、カルシウム、 馬油などを次々に試す。23 歳で自宅温泉湯治を開始。1 年で克服するも、妊娠などでぶり返しを何度か経験。
久保田伶菜さん(10 歳) ユーザー2
2 歳の頃に肌の乾燥が目立つようになる。皮膚科に通い、ステロイド入りの保湿剤を塗り始める。ステロイドのランクは徐々に上がり、使い続けること半年間に及ぶ。薬を使い続けていたのに肌に痛みがあることを訴えだし、他の療法を探り自宅温泉湯治に出合う。
福元弘美さん(46 歳) ユーザー2
8 歳からアトピー。ステロイド剤使用は合計約20 年になる。33 歳でオムバスに出会い、湯治開始。 離脱症状が全身に強く出た。4 年前に精神的な落ち込みから一時的に症状が出てHRC を利用。 そ の後ぴったりのスキンケアアイテムに出合い、克服へ。
阿部 蒼桜ちゃん(8 歳) ユーザー2
生まれてすぐに乳児湿疹を発症。それが退かないため、生後2 カ月頃からステロイド治療を開始。病院を転々としている頃にネットの 掲示板に書き込んだ質問に対する答えで自宅温泉湯治を知る。活水器を利用しての湯治を開始。
大森 花ちゃん(3 歳) ユーザー2
冷えが強く、肌は「紫色」の状態で誕生。生後2 日目ですでに顔にブツブツが出ていた。「自然治癒力」を信じ、ステロイドに限らず薬を用いずに強 い体を手に入れようと、生後すぐに自宅温泉湯治を開始。汁だらけ血だらけだったという最悪の期間は3カ月で乗り切った。
加波 覚さん(36 歳) 大智くん(7 歳) ユーザー2
子どもの頃からアトピーで、気になる症状には市販のステロイドを使ってしのいできたという覚さん。 20 歳からの2 年間で本格的にステロイドと漢方薬治療に頼る。海水療法、強酸性水などをはじめ、 いろいろな民間療法を経てオムバスに辿り着く。長男・大智くんは生後2 カ月で乳児湿疹に。 ステロイドはまったく使わず自宅温泉湯治で克服。
原 悠馬くん(2 歳11カ月) ユーザー2
生後5 カ月で見せたかすかな肌荒れにステロイドを たっぷり塗って対応。薬使用を1カ月半続け、薬を断つ と全身に激しいアトピーが噴き出した。乾燥させてアト ピーを枯らすという泉質の和歌山の温泉で何度か湯治 をするも、正しい治し方を求めてオムバスに出会う。
U.Kさん ユーザー2
生後2 カ月で乳児湿疹に。物心ついたときからアトピーで、中学以降にステロイドを常用し始め、10 年以上使用。92 年、自宅温泉湯治に出会うも、適当なところで止めてしまう。2007 年、アトピーが再発。アクアゲインを設置して本格的に温泉湯治治療に取り組む。HRC も上手く利用し、約2 年で克服へ。
廣越紀子さん(34 歳) ユーザー2
子どもの頃から夏のあせもに悩み、ときおり薬も使ってきた。中学1年でアトピーを発症。ステロイド治療を3、4 年続け、後に短期間ではあるが漢方薬治療も。その後オムバスの自宅温泉湯治を約2 年続け一旦アトピーは消退。健康無視の生活に入り、再発。そこから感染症を経て克服。
飯山典子さん(35歳)すみれちゃん(2歳) ユーザー2
中学からステロイドを使用。大学生になった頃には薬が効かなくなり、ステロイドを断つ。整体、自然食品摂取などを経て脱ステロイドから10 年後に自宅温泉湯治を開始。3 年で自身の症状は退いたが、続けて長女すみれちゃんの全身症状を湯治で退かせた。
藤原淳二さん 陽子さん ゆとりちゃん(7 歳) ゆうわちゃん(5 歳) ユーザー2
淳二さん、陽子さんともに物心ついたときからのアトピーで、薬使用歴もともに20 年近く。淳二さんは喘息でステロイドを内服もしていたため、何度も離脱を経験。陽子さんは、夫や娘への心配から、調子を崩しやすかった。
鈴江幸代さん ユーザー2
子どもの頃から皮膚の弱さへの自覚はあったが、あせも程度のもので市販薬で凌いでいた。妊娠と同時にアトピーを発症。妊娠中であったがステロイドを使用。離脱を経て一旦消退。精神的ダメージにより再発。プロトピックへ移行。
森田七々子さん ユーザー2
子どもの頃からアレルギー性鼻炎があった。26 か27 歳のときに突然アトピーを発症。アトピーになってからはアレルギー性鼻炎は出ていない。ステロイドの注射、内服、外用を約2 年続けるが、ますます深刻化してくる症状に、病院での治療以外の治し方を探り、オムバスへ。半年でスピード回復している。
加藤久岳さん(41歳) ユーザー2
高校の頃から季節の変わり目にステロイドを使用し始め、本格的に塗りこんだのは社会人になってから。ステロイドは内服薬も併用。体質に合わない漢方薬で調子を落としたこともある。湯治で体調を戻すも、商社の激務の仕事環境には継続して体がついていかず、退職。自然農法で人生を新たに切り拓く。
遠藤昌毅さん(35歳) ユーザー2
幼稚園の頃からあせもがひどかった記 憶がある。アトピーと診断されたのは 10歳の頃。6年間ステロイド剤を使用 する。21歳で自宅温泉湯治を開始。1 年数カ月続け、以降は関東の湯治場、 温泉銭湯、温泉スタンドなどを利用す る。足裏マッサージ、サプリメント、 漢方などを取り入れる。鍼灸を専門的 に学び、体調把握&管理ができるよう になる。現在、鍼灸師として活躍。
松本真佐代さん(31歳) ユーザー2
物心ついた時からお尻にアトピーが出ていた。薬は使用していない。美容専門学校に通い出し、生活の 不規則さとハードな毎日に疲れが溜まり、お尻以外にも症状が出る。 きょうだい3人の肌のために源泉を取り寄せる形での自宅温泉湯治を開始。しっかり湯治に励んだ期 間は約2年。
藤巻孝太朗くん(5歳)陽平くん(2歳) ユーザー2
孝太朗くんは、生後3カ月から乳児湿疹に。主に頬にステロイド剤を使う。1歳7カ月、沖縄旅行をきっかにアトピーが噴き出す。除去食も始める。2006年6月、オムバスに問い合わせ。湯治開始へ。2008年4月には大きな症状はほぼ消え、その後は疲れると肌状態を落とす程度に。陽平くんは薬使用なし。1年近く湯治とスキンケアだけに取り組み、きれいな肌へ。
木下江利子さん(38歳) ユーザー2
15歳のとき、猫アレルギーで左目の周りに湿疹が出たのがアトピー発症のきっかけ。病院で処方されたステロイド剤を塗り始める。一時的に症状は治まってもぶり返すの繰り返しで、しだいに薬の怖さに気づき始める。21歳のとき日本オムバスの温泉湯治を開始。当初は激しい離脱症状に苦しむが、約半年でスピード回復。 13年たった現在も、全く症状は出ていない。
静岡県 崎山豊御くん(8歳) ユーザー2
生後7カ月でアトピー発症。2カ月後にオムバスと出会い、濃縮温泉で自宅温泉湯治を開始。症状は一進一退を繰り返し、2歳11カ月でアトピーはほぼ完治。同時に喘息の症状が出る。湯治と生活習慣の改善で、徐々に症状は良化し、1年半前に熱海に転居。転地療法が功を奏し、現在は喘息もほとんど治まり、今では健康そのものに。
大阪府 守谷祐二くん(5歳) ユーザー2
生後2カ月で乳児湿疹を頬に発症。ステロイドから漢方薬治療に切り替えるも体調を崩し、入院。退院後、 2005年1月から自宅温泉湯治を開始する。半年で劇的に良くなり、その後は冬場に乾燥から状態を若干落とす。 2008年の冬からはその状態からも脱却。
京都府 I.Nさん ユーザー2
病院で出される薬を塗っては抑えて成長していった。多用してきた実感は皆無だが大人になるまで切れることはなかった。症状が抑えきれなくなって、プロトピック、漢方薬、ステロイドの併用で一気に薬を多用。肌へのダメージを感じ取り、温泉湯治へ方向転換。2年で克服。
吉本和樹さん(28歳) 悠呂(ゆうろ)くん(1歳) ユーザー2
お父さま・和樹さんには小学生の頃から少しのア トピー症状があった。大人になってステロイドが 効かなくなるほどの重症状へ。頭皮から足先まで 全身を覆うほどのアトピーを九州HRCでの源泉 湯治で1年未満で克服。息子・悠呂くんは、卵ア レルギーからアトピーを発症。少しステロイドを 使ってしまったものの、重症化せず、湯治により 数カ月で克服。
井嶋駿介くん(9歳) ユーザー2
生後2カ月頃から頬にかゆみを伴った赤みが 出たのがアトピーの始まり。抗アレルギー剤、 漢方薬、ワセリン、水虫薬なども併用しなが ら、症状がひどくなるたびにステロイド剤を 数日間ずつ継続して使った。4歳頃に自宅温 泉湯治に切り替える。半年で離脱を脱し、目 に見えて良化するも、花粉の春、紫外線と汗 の夏になると部分的に状態を落とすことを繰 り返し、約5年で克服へ。
近藤滉大くん(10歳) ユーザー2
生後3カ月で顔に湿疹が出る。産科を受診し、ステロイド治療と卵の除去食 を始める。病院をその後も何軒か回り、漢方薬治療も試した。ステロイド剤使用は10カ月に及ぶ。
吉田ゆりさん(23歳) ユーザー2
生後3カ月でアトピー発症。中学1年から3 年まで自宅温泉湯治に励み、一旦回復。その後長男妊娠を機にぶり返す。次男が生後すぐにアトピー発症。3カ月の湯治で一旦退き、その後感染症を経てアトピーを克服。ゆりさん自身も一進一退を繰り返すことがあったものの、その後克服。
大森太郎くん(6歳・幼稚園児) ユーザー2
生後1カ月で乳児湿疹に。非ステロイド軟膏を用いるが湿疹は退かず、3カ月で、アトピー性皮膚炎と診断される。薬を断ち、自宅温泉湯治を開始。黄色ブドウ球菌による、かなり激しい感染症と、強い食物アレルギーから2カ月間入院。入院中も湯治を続ける。強烈そうだったかゆみが1歳を過ぎた頃には落ち着き出す。
愛知県:各務夕香さん(41歳) ユーザー2
非常勤講師。専門は音楽。乳児湿疹からアトピー へ。ステロイド使用は幼児の頃から。漢方薬、高 麗人参なども複数試す。ステロイド歴約30 年。 31歳で妊娠を機にステロイドを断つ。自宅温泉 湯治を開始し、約5年でほぼ克服し、教職に復帰。 5年目以降は温泉地を中心に国内旅行に多く出か けていた模様。アトピーがなんらかかわらない普 通の日常になって久しい。
福岡県:重富美貴ちゃん(5歳) ユーザー2
「規則正しい生活なんて、小さな子 どもにはまださせなくてもいい」。 そう思っている親御さんは多いの ではないでしょうか。幼稚園や小 学校に行くようになるまでは、夜 更かししていようが、起きてくる まで寝ていようが、毎日“自由”。 おやつだって食べたいときにとら せてOKではないかと。でも、そ うした生活が、決して「健康的」 ではなかったと、身をもって体験 したご家族のケースを紹介しまし ょう。
茨城県:栗原雅子さん(28歳) ユーザー2
乳児湿疹からアトピーへ。顔と体に症状が出る。 小学生の頃以降大学までは手指にのみ水泡が出 て、ステロイドを用い続ける。激務などの無理 な生活が引き金となり、23歳(2002年)で大 きく体調を崩し、アトピーが全身に出現。自宅 温泉湯治開始へ。最悪な状態を1年強で脱し、 残る症状を抱えながらも前向きに活動期へ突 入。2006年終盤には表面的な症状はほぼ消え、 体力面での不安のみを残すようになる。
山口県:梅田歩依ちゃん(4歳) ユーザー2
生後すぐに乳児湿疹を発症。源泉を使った自宅温泉湯治を9カ月続け、一旦アトピーはきれいに消える。2歳の夏、2度目のアトピーを発症。 再び湯治に取り組み、そこからどんどん右肩上がりの回復を見せ、約1年で克服。
群馬県:島崎晶 浩くん(13歳) ユーザー2
生まれた直後から両頬にあせものような湿疹ができ、その後、ほとんどの食物にアレルギーがあることが判明。そこで、母親も除去食を開始し、粉ミルクから母乳を飲ませるためのトレーニングが続きます。その間もアトピーの症状は続き、ステロイドに頼ったことも。平成8年6月から自宅での温泉湯治をスタートさせ、小学校に入学するころには回復して、今では跡形もないほどきれいに完治しました。
宮本陽菜ちゃん(10歳) ユーザー2
生後3カ月で、両頬に赤い小さな乳幼児湿疹を発症。
しかし、父がアトピーを患いステロイドの副作用などを熟知していたため、薬は塗らず肌を清潔にするなどして様子を見る。以後、1カ月経っても症状は治まらず、顔全体や耳まで乾燥して湯治をスタート。 途中、おたふく風邪やとびひにかかり一進一退を繰り返すが、最終的には一度もステロイドを使わずにアトピーを完治させた。
松浦秀幸さん(36歳) ユーザー2
学生時代は小康状態だったアトピーですが、就職後、思いもよらぬほど悪化。社会人ならではの人間関係と、夜勤のある不規則な生活から不眠に悩まされていたといいます。
睡眠時間の減少に比例するように、さらに状態が悪くなるアトピーの症状。しばらく休職して復帰を志すもリバウンドを起こし、余儀なく再び休職することに。
野澤アテネくん(2歳) ユーザー2
はじめての子育てを、「湯治、湯治」でスタートさせたママ・陽子さんのがんばりが大きく花開き、野澤アテネくんは1年でグンとキレイに。アトピーを対症療法で治すのではなく、アトピーを出している体の弱さを、この子自身の体力を上げて正したい―。
近藤啓太ちゃん(1歳) ユーザー2
生後1カ月で乳児湿疹が現れ、3カ月の頃からアトピー症状が現れる。薬の使用歴は生後4カ月の頃に約1カ月間だけとほぼないに等しく、しかもステロイド剤は不使用。
中西珠奈ちゃん(5ヶ月) ユーザー2
逆境にもめげず、アトピーと闘った中西親子の日々をご紹介します。
石井陽奈乃ちゃん ユーザー2
薬より湯治を選んでよかった!
清水美香子ちゃん(8ヶ月) ユーザー2
もういくつ寝ると保育園、ツルツル笑顔が間に合った
荒木こころちゃん(1歳) ユーザー2
皮膚だけでなく体の中から治したい
白澤尚人くん(7ヶ月) ユーザー2
笑顔いっぱい、食欲旺盛になった
廣江駿介くん(7ヶ月) ユーザー2
パパとママの連係プレーがアトピーを追い出した
桝本大登くん(1歳) ユーザー2
ステロイド、母乳改善とアトピー治癒への模索の日々
石田凌海くん(1歳) ユーザー2
私はアトピーを治すすべを知っている。「まず水を変えてみよう」
大倉明久くん(4歳) ユーザー2
家族のスクラム固めて一気に「トライ!」
堀籠太一くん(6歳) ユーザー2
わが子にもアトピー出現!選んだのはオムバス式入浴法
森春奈ちゃん(1歳) ユーザー2
「アトピー」も「ステロイド」も知らなかったお母さんが猛勉強
中西明沙ちゃん(2歳) ユーザー2
なんでも食べて、なんでもできて!本物の健康を得た
菊地瑚ちゃん(2歳) ユーザー2
「幼稚園に入る前にアトピーを治したい」
戸田愛美ちゃん(3歳) ユーザー2
アトピーが治ると家中が健康になる。それが湯治の法則
角平仲美ちゃん(3歳) ユーザー2
お姉ちゃんのための湯治が家族中の「アトピー」を撃退!
森川みゆきちゃん(5歳) ユーザー2
ありがとうアトピーそしてさようなら
井上慶彦くん(9歳) ユーザー2
野球を続けるために一生懸命湯治
大瀧慎吾くん(14歳) ユーザー2
情報に目を凝らし、体験者の声を聞き、わが子の将来を考えに考えて決断
鈴木茂之くん(17歳) ユーザー2
受験期と重なったアトピーとの闘い
金崎良大くん(12歳) ユーザー2
アトピーに粘り勝ち!7年間の収穫は治る力、あきらめない心
安本政二郎さん(18歳) ユーザー2
受験勉強はもっぱらお風呂場で
笠原雅志さん(20歳) ユーザー2
3年前、「だまされるかも」が笑い話になった
関口尚史さん(23歳) ユーザー2
何よりもアトピーを治すことを優先し、絶対に、いつの日か
薄雲政宏さん(24歳) ユーザー2
数々の負の要素を克服
遠藤泰浩さん(29歳) ユーザー2
完治を待つのではなく自分からゴールを迎えにいくんだ
鈴木彰さん(34歳)彩都乃ちゃん(3歳)宥樹帆ちゃん(1歳) ユーザー2
一家に3人のアトピーを家族みんなで乗り越えました
今井厚樹さん(35歳) ユーザー2
アトピーを引き出す生活を絶ち克服
照井まゆみさん(25歳) ユーザー2
少しだから大丈夫。そう思っていた薬が塗れば塗るほど効かなくなった
宮田佳代さん(26歳) ユーザー2
料理、洗濯、買い物もぜ?んぶ夫に甘えて湯治に専念しました
高岡やすこさん(31歳) ユーザー2
この開放感!薬との二人三脚をほどいたら世界が輝いて見える
柳沢朝美さん(31歳) ユーザー2
薬依存と決別!本物の健康が息を吹き返した
庄司はまのさん(31歳) 亮介くん(3ヶ月) ユーザー2
ご家族の深い理解と整った協力体制でアトピー性皮膚炎をスピード回復
藤田美保子さん ユーザー2
アトピー性皮膚炎は疲れを溜めないこと疲れる前に休むこと
河田久美子さん 拓斗くん(12歳) 育民くん(7歳) ユーザー2
風邪もひかない健康的な生活習慣が根付いています
星野京子さん(36歳) 陽菜乃ちゃん(2歳) ユーザー2
ママと一緒にお風呂ざんまい!どっちが早く良くなったかな?
市川さちえさん(29歳) ユーザー2
本物の健康を手に入れてアトピー性皮膚炎にリベンジ
寺田早希さん(26歳) ユーザー2
正しい湯治とケアさえすれば、アトピーは治ることをみなさんに知ってもらいたいんです
武富 綾さん(29歳) ユーザー2
「かゆみがない」ってこんなに楽なんだ
木野胤くん(3ヶ月) ユーザー2
湯治を選んだその日にアトピー性皮膚炎克服のゴールが見えた
小林健太郎くん(2ヶ月) ユーザー2
正しい情報、正しい選択がアトピー性皮膚炎と薬害から護ってくれました
オムバス式自宅温泉入浴法体験談
大阪府 薄雲政宏さん ユーザー2
99年、薄雲政宏さんは「湯治の声」(「あとぴナビ」の前身誌)5月号の克服レポートに、生気みなぎる晴れやかな笑顔で登場していました。同じページに載っていた、自宅温泉湯治を開始したばかりの頃の写真に見る“不安げで目に力のない表情”とはとても対照的。あれから10年の歳月が流れました。現在の薄雲さんは、どんな表情を見せて くださるのでしょうか。そして、気になる肌状態は?
埼玉県 堀籠佐織さん【後編】 ユーザー2
10代後半でアトピーの症状が出始め、社会人になって症状の悪化を経験した堀籠佐織さんは、17年前に自宅温泉療法を始めました。その後生まれた長男の太一くん(12歳)も乳幼児期にアトピーを発症し、親子でアトピー克服を経験しています。「今でこそ笑って話せますけど、アトピーのつらさを知っているだけに、息子の闘病中は自分が湯治をしたときよりも精神的にきつかったんです。でも、親子で湯治を経験したからこそ、家族みんなの健康な今があります!」 前編では佐織さん自身のアトピー克服の経緯、後編では、太一くんの湯治も経験した佐織さんの克服後レポートをお伝えします。
埼玉県 堀籠佐織さん【前編】 ユーザー2
10代後半でアトピーの症状が出始め、社会人になって症状の悪化を経験した堀籠佐織さんは、17年前に自宅温泉療法を始めました。その後生まれた長男の太一くん(12歳)も乳幼児期にアトピーを発症し、親子でアトピー克服を経験しています。「今でこそ笑って話せますけど、アトピーのつらさを知っているだけに、息子の闘病中は自分が湯治をしたときよりも精神的にきつかったんです。でも、親子で湯治を経験したからこそ、家族みんなの健康な今があります!」 前編では佐織さん自身のアトピー克服の経緯、後編では、太一くんの湯治も経験した佐織さんの克服後レポートをお伝えします。
奈良県 中西明沙さん ユーザー2
生後1カ月で乳児湿疹と診断され、2カ月頃からステロイド剤を使って症状 を抑えていたという明沙さん。その後、説明もなしにステロイド剤を手渡す だけの治療に疑問を持ち病院を転々とした末、自宅温泉湯治に出会います。 長期の離脱症状、感染症による急激な悪化…絶えることのない不安を乗り越 えて、ついにつかんだ本物の健康。こんな経験を乗り越えて11年ぶりに再 会した明沙さんは、看護師を目指す心優しい女性に成長していました。
茨城県 戸田愛美さん ユーザー2
かつてアトピーだったとは思えないほどすべ すべ肌の戸田愛美ちゃん。今ではお菓子作り とスポーツが大好きな中学3年生です。 アトピー克服のために始めた自宅温泉湯治 は、愛美ちゃんのみならず、家族みんなに健 康をもたらしました。今でもしっかり入浴し て、めったに風邪もひかないという愛美ちゃ んは、まさに“湯治育ち”という表現がぴったりの健やかで笑顔が似合う女の子です。
栃木県 藤田美保子さん(後編) ユーザー2
前編(あとぴナビ2009年8月号)では、アトピー克服を契機に健康の大切さを痛感した藤田さんが「自分が本当にやりたいことを見つけよう」と決意するまでの経緯を伺いました。その後藤田さんは、これまでの人生観を大きく変えることとなるボディワーク「トレガーアプローチ」と出会います。そして現在、セッションやトレガーの講師としてワークショップといった活動を中心に、充実した日々を送っています。
栃木県 藤田美保子さん(前編) ユーザー2
高校の音楽教師として、めいっぱい働いていた頃にアトピーを発症した藤田美保子さん。夜は眠れず、朝起きれば顔のひび割れで血だらけになっているという状態から、温泉湯治を開始して1年ほどで克服。「自分自身がいい状態でいるためには、楽しい気持ちで過ごすことが大切」と話す藤田さんのポジティブな考え方と感性は、いかにして生まれたのでしょう? 8月号と9月号の2回にわたってお伝えします。
神奈川県 中條鷹信くん(12歳) ユーザー2
生後4カ月で発症した鷹信くんのアトピー性皮膚炎。何度も絶望感を味わいながらも2年半かけて克服した経験は、今では中條家の宝物です。元気いっぱいのスポーツ少年に育った中條鷹信くんは現在12歳。この春、希望の私立中学に進学。今では野球部の練習に没頭する日々です。克服後は「のびのびとした子に」との思いで子育てしてきたというお母さまの夕子さん、そして鷹信くん本人に、その後の体調や近況、中條家の子育てについてもお伺いしました。
中嶋恭子さん ユーザー2
中学生のときアトピー性皮膚炎を発症した中嶋恭子さん。就職後に悪化 した症状は、彼女を退職まで追い込みました。 度重なる離脱症状も、持ち前の明るい性格とポジティブな意志で乗り越 えて、温泉湯治開始後約2年でアトピーを克服。 その後アメリカへ語学留学し、現地で知り合ったアメリカ人男性と結婚。 留学を志した動機や苦労、現在の生活や両親への想いなど、克服後の恭 子さんの12年間を振り返ります。


アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP