アトピー治療ならあとぴナビホームケアナビ

スキンケア、サプリメントの上手な選び方・使い方、また、それらの効果を最大限活かすための基礎となる生活環境面等について、具体的に説明します。

※各記事は、月刊情報誌「あとぴナビ」に掲載された特集を、そのまま転載しているものがあります。
  また、内容には、一部、「今年」「来年」などの時節をあらわす表記がありますが、それらは取材時点
  におけるものです。監修者の氏名、肩書きについても取材時のものを表記しておりますので、異なる
  記事に対する監修での表記や、現時点での氏名、肩書きと異なる場合があります。
  •  すべての内容を閲覧できます。
  • フリー
  •  会員様限定ですべての内容を閲覧できます。(一部、フリーで閲覧可能) 
  • ユーザー1
春先 のアトピー悪化対策どうしてる? ユーザー2
季節の変わり目、特に寒い冬からしだいに温かくなる春先にアトピー症状が 悪化するという声をよく聞きます。そこであとぴナビでは、春先のアトピー症 状について読者の皆さんにご協力いただきアンケート調査を行いました。
春先 のアトピー悪化対策どうしてる? ユーザー2
季節の変わり目、特に寒い冬からしだいに温かくなる春先にアトピー症状が 悪化するという声をよく聞きます。そこであとぴナビでは、春先のアトピー症 状について読者の皆さんにご協力いただきアンケート調査を行いました。
恋愛とアトピー ~ハダカの恋愛してますか~ ユーザー2
あとぴナビ編集部 あとぴナビ情報Web読者アンケート「恋愛とアトピー」より
あとぴナビ情報Webサイトで、恋愛に関する読者アンケートを行ったところ、321名の方から回答をいただきました。
心療内科で見る心・体・アトピーの関係 ユーザー2
監修/中井 吉英(関西医科大学診療内科学講座教授・医学博士)
アトピー性皮膚炎とは、皮膚に症状が現れる疾患ですが、内因的な要因も深く関わっています。心療内科での治療のキーワードは「関係性」。そこで、アトピーとストレスなどの心の関係について考えてみます。
アトピーと心のコーピング ユーザー2
監修/YMJコーピング研究所
コーピングとは、ストレス状態を平常な状態に戻そうとする行為のこと。コーピングでアトピーの悪化を予防しましょう。
アトピーと家族関係 ユーザー2
監修/木田盈四郎(帝京大学短期大学名誉教授・医学博士)
子どものアトピー性皮膚炎を治すためには、どのような家族関係が望ましいでしょうか?
アトピー性皮膚炎の子供を持つ親から見た子育ての仕方と家族関係について考えます。
笑いと音楽、そしてKissがアトピーを救う ユーザー2
監修/木俣肇(守口敬仁会病院アレルギー科部長・医学博士)
ストレスがアトピー性皮膚炎の悪化要因になることは知られていますが、その対策は重要です。笑いや音楽など、
心をリラックスさせることが、アトピー克服にとって、いかに大切かをエビデンスを元に解説します。

梅雨から初夏にかけての 一日のアトピーケアとは? フリー
アトピー性皮膚炎のケアは、季節やお肌の状態により異なります。 梅雨から初夏の季節、どういったケアを行えば良いのか、朝起きてから、夜寝るまでの生活の流れの中で見ていきましょう。 モデルは小さい頃からアトピーで悩んでいた温泉太郎くんの家族です。
6月に気をつけたいアトピーケアとは? フリー
気温と共に湿度も上昇してきたこの時期、アトピー性皮膚炎の方のケアは、冬や春の時期とは違ったケアを行う必要があります。6月に気をつけたいアトピーケアについて考えていきましょう。
初夏のアトピーケアの ポイントとは? フリー
春も終わり、これから季節は梅雨から夏へと向かっていきます。 初夏に向けたこれからの季節、悪化要因のウェイトも、 お肌の乾燥から感染症を中心としたものへと変化していく傾向が見受けられます。 初夏のアトピーケアのポイントについて、スキンケアを中心に考えていきましょう。
春のアトピーケアは 適切に フリー
気温が上昇、紫外線も増え、また花粉や黄砂、PM2.5 など 飛散物質も多くなり、アトピー性皮膚炎の方にとって、 悪化要因が急激に増加してきます。 適切なケア対策を行うように心がけましょう。
2月のアトピーケアのポイント 冷え対策 フリー
真冬の季節、お肌は乾燥し、冷えの状態も強くな ることで、アトピー性皮膚炎の症状に影響が見ら れやすい時期となります。 このあと、春先になると、季節の変わり目から状 態を落としやすくなるため、今の時期に、しっか りお肌の「回復」を図ることはとても大切です。 2月のアトピーケアで必要なポイントを探っていき ましょう。
2月のアトピーケアのポイント 乾燥対策 フリー
真冬の季節、お肌は乾燥し、冷えの状態も強くな ることで、アトピー性皮膚炎の症状に影響が見ら れやすい時期となります。 このあと、春先になると、季節の変わり目から状 態を落としやすくなるため、今の時期に、しっか りお肌の「回復」を図ることはとても大切です。 2月のアトピーケアで必要なポイントを探っていき ましょう。
1月にお肌状態を アップさせるための アトピーケアとは?(入浴) フリー
1月は本格的な冬が訪れ、冷え込みも強くなってきます。同時に、大気の乾燥も強まることで、 角質層の水分蒸散量が増加=お肌の乾燥も進みやすくなります。お正月や新年会など、イベント による生活リズムの乱れが重なると、お肌の状態も悪化しやすくなりますから、生活面を含めた 注意が必要になります。1月に気をつけたいケア内容について考えていきましょう。
1月にお肌状態を アップさせるための アトピーケアとは? フリー
1月は本格的な冬が訪れ、冷え込みも強くなってきます。同時に、大気の乾燥も強まることで、 角質層の水分蒸散量が増加=お肌の乾燥も進みやすくなります。お正月や新年会など、イベント による生活リズムの乱れが重なると、お肌の状態も悪化しやすくなりますから、生活面を含めた 注意が必要になります。1月に気をつけたいケア内容について考えていきましょう。
12月に気をつけたい アトピーケアについて(後編) フリー
年末は、寒さと乾燥が強まるだけでなく、クリスマスや年末年始のイベント、 忘年会などで、生活のリズムも乱れやすい時期です。 環境的な(乾燥など)悪化要因が強まる時期だけに、生活面でお肌に与え る負荷が大きいと、症状が一気に悪化することもあります。 上手なケアで年末を乗り切りましょう。
12月に気をつけたい アトピーケアについて(前編) フリー
年末は、寒さと乾燥が強まるだけでなく、クリスマスや年末年始のイベント、 忘年会などで、生活のリズムも乱れやすい時期です。 環境的な(乾燥など)悪化要因が強まる時期だけに、生活面でお肌に与え る負荷が大きいと、症状が一気に悪化することもあります。 上手なケアで年末を乗り切りましょう。
冬前のアトピー対策、準備ケア スキンケア フリー
ここ数年、秋の季節が短い傾向がありましたが、今年は、「秋の長雨」もあったせいか、 例年よりも気温と湿度の低下が早くなっているようです。 特に11 月になると、気温はワンランク落ちて、地域によっては、朝晩の冷え込みに対して暖房が必要なところも 多くなってくるでしょう。そこで本格的な冬を迎える前に、お肌のコンディションを高める「準備ケア」で備えましょう。
冬前のアトピー対策、準備ケア フリー
ここ数年、秋の季節が短い傾向がありましたが、今年は、「秋の長雨」もあったせいか、 例年よりも気温と湿度の低下が早くなっているようです。 特に11 月になると、気温はワンランク落ちて、地域によっては、朝晩の冷え込みに対して暖房が必要なところも 多くなってくるでしょう。そこで本格的な冬を迎える前に、お肌のコンディションを高める「準備ケア」で備えましょう。
この夏~残暑、 知っておきたい豆知識 4 フリー
この夏知っておきたい豆知識をいくつかご紹介します。 生活習慣に関しては、人によって改善ポイントやできる範囲も異なってきますの で、無料相談ダイヤルなどでお気軽にご確認ください。
この夏~残暑、 知っておきたい豆知識 3 フリー
この夏知っておきたい豆知識をいくつかご紹介します。 生活習慣に関しては、人によって改善ポイントやできる範囲も異なってきますの で、無料相談ダイヤルなどでお気軽にご確認ください。
この夏~残暑、 知っておきたい豆知識 2 フリー
この夏知っておきたい豆知識をいくつかご紹介します。 生活習慣に関しては、人によって改善ポイントやできる範囲も異なってきますの で、無料相談ダイヤルなどでお気軽にご確認ください。
この夏~残暑、 知っておきたい豆知識 1 フリー
この夏知っておきたい豆知識をいくつかご紹介します。 生活習慣に関しては、人によって改善ポイントやできる範囲も異なってきますの で、無料相談ダイヤルなどでお気軽にご確認ください。
7月のアトピーケアについて フリー
今年の夏は、2010 年と同じようなラニーニャ現象による猛暑が予想されているようです。 ここ数年、暑い夏が続いており、暑さ対策を取り入れたアトピーケアが必要となっています。暑い夏のアトピー対策について考えてみましょう。
夏のアトピー対策 (後編) フリー
現在、発表されている長期予報によれば、今年の夏も暑さは厳しくなる見込みのようです。 夏の時期、汗や紫外線など、冬など乾燥時期とは違った要因がアトピー性皮膚炎の症状を悪化させます。 特に感染症を併発しやすい要因が増える分、いったんお肌の状態を落とすと、 回復が容易でないことが多くなる傾向が見られます。 夏の時期、アトピー性皮膚炎の方は、どういった対策が必要なのかを考えていきましょう。
夏のアトピー対策 (前編) フリー
現在、発表されている長期予報によれば、今年の夏も暑さは厳しくなる見込みのようです。 夏の時期、汗や紫外線など、冬など乾燥時期とは違った要因がアトピー性皮膚炎の症状を悪化させます。 特に感染症を併発しやすい要因が増える分、いったんお肌の状態を落とすと、 回復が容易でないことが多くなる傾向が見られます。 夏の時期、アトピー性皮膚炎の方は、どういった対策が必要なのかを考えていきましょう。
5月のアトピーケア (後編) フリー
5月に入り、季節は春から梅雨、初夏に向けて変わっていきます。 アトピー性皮膚炎のケアも、気温の変動に合わせて春のケアから初夏向けのケアへと 変えていくことが必要になります。 今月気をつけたいケア方法について見ていきましょう。
5月のアトピーケア フリー
5月に入り、季節は春から梅雨、初夏に向けて変わっていきます。 アトピー性皮膚炎のケアも、気温の変動に合わせて春のケアから初夏向けのケアへと 変えていくことが必要になります。 今月気をつけたいケア方法について見ていきましょう。
春を快適に過ごすためのQ&A 後編 フリー
あとぴナビには、日々、あとぴナビ読者の皆さまから、さまざまなご相談が寄せられます。 そうしたご相談の中から、4月のケアに役立つ内容について、Q&A方式でご紹介いたします。
春を快適に過ごすためのQ&A フリー
あとぴナビには、日々、あとぴナビ読者の皆さまから、さまざまなご相談が寄せられます。 そうしたご相談の中から、4月のケアに役立つ内容について、Q&A方式でご紹介いたします。
みんなのアトピー相談 フリー
朝のスキンケア後、昼に乾燥していた肌が、 風呂上がり後までスキンケア不要に。 重炭酸湯、Fグリンアップの   効果的な使い方で肌症状、体温アップ
春先のアトピーケア 後編 フリー
冬から春への季節の変わり目は、 アトピー性皮膚炎の方にとって、毎年、状態を落としやすい時期です。 特に今年は、冬の時期、気温の変動が大きく、 その影響を受けている方が多いため、十分な注意と対策が必要です。 春先のアトピーケアとして注意すべき悪化要因と、その対策について考えていきましょう
春先のアトピーケア 中編 フリー
冬から春への季節の変わり目は、 アトピー性皮膚炎の方にとって、毎年、状態を落としやすい時期です。 特に今年は、冬の時期、気温の変動が大きく、 その影響を受けている方が多いため、十分な注意と対策が必要です。 春先のアトピーケアとして注意すべき悪化要因と、その対策について考えていきましょう
春先のアトピーケア 前編 フリー
冬から春への季節の変わり目は、 アトピー性皮膚炎の方にとって、毎年、状態を落としやすい時期です。 特に今年は、冬の時期、気温の変動が大きく、 その影響を受けている方が多いため、十分な注意と対策が必要です。 春先のアトピーケアとして注意すべき悪化要因と、その対策について考えていきましょう
みんなのアトピー相談 フリー
ちょっと勇気をだして(大げさ?)  ご相談して よかったなと思いま
2月のアトピーケアについて フリー
真冬の時期ですが、地域によっては、少しずつ春の気配が漂ってきます。 特に今年は暖冬と言われていますので、寒暖の差が日によって大きくなることもあるでしょう。 冬から春の季節に向けたアトピーケアのポイントについて考えてみましょう。
みんなのアトピー相談 フリー
現在、「あとぴナビ」ではLINE を活用したさまざまなご相談を行っております。 気になったことをすぐに相談でき、また写メなどを活用すると、症状についてもその都度確認できますので、 もっとも症状に合ったアドバイスを行うことができます。
みんなのアトピー相談 フリー
現在、「あとぴナビ」ではLINE を活用したさまざまなご相談を行っております。 気になったことをすぐに相談でき、また写メなどを活用すると、症状についてもその都度確認できますので、 もっとも症状に合ったアドバイスを行うことができます。
みんなのアトピー相談 フリー
現在、「あとぴナビ」ではLINE を活用したさまざまなご相談を行っております。 気になったことをすぐに相談でき、また写メなどを活用すると、症状についてもその都度確認できますので、 もっとも症状に合ったアドバイスを行うことができます。
冬にあわせた 適切なケアで お肌の状態アップ!入浴編 フリー
冬の季節は、乾燥や冷えなど、アトピー性皮膚炎の方にとって、気をつけたい季節的な要因が増加します。 しかしこうした要因は、状態が悪い方のさらなる悪化や、状態が良い方の再発につながる要因になったりす るので注意が必要です。冬のアトピーケアで気をつけたい項目について見ていきましょう。
冬にあわせた 適切なケアで お肌の状態アップ!スキンケア編 フリー
冬の季節は、乾燥や冷えなど、アトピー性皮膚炎の方にとって、気をつけたい季節的な要因が増加します。 しかしこうした要因は、状態が悪い方のさらなる悪化や、状態が良い方の再発につながる要因になったりす るので注意が必要です。冬のアトピーケアで気をつけたい項目について見ていきましょう。
自分にあったスキンケアアイテムの選び方 と使い方(後編) フリー
あとぴナビの数多いケアアイテ ムの中からどのアイテムを選べばよ いのか、最初の目安となる「スキン ケアアイテムの選び方」について説 明しましょう。
自分にあったスキンケアアイテムの選び方 と使い方(前編) フリー
あとぴナビの数多いケアアイテ ムの中からどのアイテムを選べばよ いのか、最初の目安となる「スキン ケアアイテムの選び方」について説 明しましょう。。
11月のアトピーケア(後編) フリー
乾燥でお悩みのアトピー性皮膚炎の方には、症状が悪化しやすい冬が間近 になっています。 乾燥時期を乗り切るための準備、そして気をつけて行いたいお肌のケアや、 入浴や生活習慣での注意点について考えていきましょう。
11月のアトピーケア(前編) フリー
乾燥でお悩みのアトピー性皮膚炎の方には、症状が悪化しやすい冬が間近 になっています。 乾燥時期を乗り切るための準備、そして気をつけて行いたいお肌のケアや、 入浴や生活習慣での注意点について考えていきましょう。
みんなのアトピー相談 フリー
首と顔の炎症がとてもひどく、心配でしたが、 みんなのアトピー2相談   薬を使わなくても、肌って回復するんですね こんなにしっとり、ツルツルです
みんなのアトピー相談 フリー
3カ月の薬の使用が アトピー相談 こんなに離脱症状を長引かせるとは… 微熱、耳の腫れ、体全体は粉を吹く状態 2 ~ 3 時間の睡眠がやっとでした
10月のアトピーケアの ポイント フリー
ここ数年の短い秋とは違い、今年は残暑の時期もあまり長くない見込みで、 「秋」の時期は一定期間続くようです。 アトピー性皮膚炎の方にとって、秋の季節は一年の中で 過ごしやい時期とされていますが、気温が低下し、乾燥が始まる時期でもあるため、 適切なケアを怠ると、お肌の状態も低下しやすくなります。 そこで10 月に気をつけたいアトピーのケアについて見ていきましょう。
秋のアトピー対策 フリー
今年は、気温がどのように変動していくのか分かりませんが、地球規模で異常気象が言われている昨今 の状況を考えると、ここ最近の傾向に沿った準備を進めておく必要もあるのではないでしょうか? 9~11月のアトピーケアについて考えていきたいと思います。
8月のアトピーケア フリー
真夏の季節、気温も上昇して、汗や紫外線など、アトピー性皮膚炎の症状を悪化させる要因には注意が必要です。 今回は、実際の事例を元にして、ケアの方法などについて見ていきましょう。
7月のアトピーケアのポイント後編 フリー
エアコン環境下における冷え、猛暑による食欲減退から来る体調悪化など、アトピー性皮膚炎を悪化させる要因も多くなってきます
7月のアトピーケアのポイント フリー
エアコン環境下における冷え、猛暑による食欲減退から来る体調悪化など、アトピー性皮膚炎を悪化させる要因も多くなってきます
みんなのアトピー相談 フリー
お肌の変化を追いなが ら相談ができたので、 安心でした
みんなのアトピー相談 フリー
仕事柄、気になっていた 手の炎症が一カ月半で かなり良くなりました
初夏から夏にかけてのアトピー対策 後編 フリー
それでも肌の状態が悪化した場合のケアは?
初夏から夏にかけてのアトピー対策 中編 フリー
体内における悪化要因を解消しよう!
初夏から夏にかけてのアトピー対策 フリー
「夏になるとアトピーが悪化しやすい」「苦手な夏を乗り切る方法を知りたい」乾燥する季節よりも夏の暑い時期にアトピーが悪化しやすい人は意外と多いもの。そんな方に心がけてもらいたい、暑い季節のアトピー対策をお伝えします。
5月のアトピーケアのポイントと対策について フリー
5月のアトピーケアのチェックポイント
5月のアトピーケアのポイントと対策について フリー
5月のアトピーケアで気をつけたい点、そして対策について考えていきましょう。
みんなのアトピー相談 フリー
春になって状態が良くなく心配です。
春のアトピーケアの ポイント part2 フリー
「季節的な悪化要因を理解しよう」で紹介したように、春に症状を悪化させやすい要因は、季節的な要因、生活環境の要因など様々です。その対策として具体的な方法をスキンケア、運動、入浴の三つで考えていきましょう。
春のアトピーケアの ポイント part1 フリー
アトピー性皮膚炎の方にとって、一年の中で春の季節は もっとも症状が悪化しやすい傾向があります。 その原因としては、季節的な要因だけでなく、生活環境 の要因などが絡むことが挙げられますが、症状の悪化を 防ぐためのポイントについて考えていきましょう。
私のアトピー冬対策 フリー
冬の時期を上手に乗り越えるために、 読者の皆さんが行っている方法を、教えていただきました
私のアトピー冬対策 フリー
冬の時期を上手に乗り越えるために、 読者の皆さんが行っている方法を、教えていただきました
寒い時期は、入浴でお肌対策と冷え対策を行いましょう フリー
寒さは、免疫機能やお肌の乾燥状態にも影響を与えるため、アトピー性皮膚炎の方にとって「冷えの解消」を考えることは大切だと言えるでしょう。寒い時期に冷えを取るための入浴について考えていきましょう。
気象庁3カ月予報からわかる上手なアトピーケア フリー
「乾燥」と「冷え」の対策が基本となる2月のアトピーケアの対策について考えていきましょう。
みんなのアトピー相談 フリー
ずっと安定していた症状が急激にぶりかえしてきた
冬の季節のスキンケア フリー
これから寒い冬を迎えます。寒さと共に、乾燥時期でもあり、アトピー性皮膚炎の方にとって、症状が悪化しやすい季節です
みんなのアトピー相談 フリー
あとぴナビに寄せられた、実際の相談のやり取りを紹介します。
みんなのアトピー相談 フリー
あとぴナビに寄せられた、実際の相談のやり取りを紹介します。
11月のアトピーケアのポイントとは フリー
入浴のポイント
11月のアトピーケアのポイントとは フリー
入浴のポイント
状態に合わせたアトピー快適スキンケア フリー
状態別のスキンケアの選び方
状態に合わせたアトピー快適スキンケア フリー
アトピー肌で気をつけたいこと
みんなの アトピー相談 フリー
スキンケアをしなかったら、日焼けと 多量の汗で症状が急に悪化しました。
苦手な季節を乗り切る夏のアトピーケア万全マニュアル 2 フリー
夏になるといつも症状が悪化する! 汗をかくとかゆくてしょうがない! そんな読者の皆さんのために、苦手な季節を楽しく過ごすアトピーケアの秘訣をお伝えします。
苦手な季節を乗り切る夏のアトピーケア万全マニュアル フリー
夏になるといつも症状が悪化する! 汗をかくとかゆくてしょうがない! そんな読者の皆さんのために、苦手な季節を楽しく過ごすアトピーケアの秘訣をお伝えします。
みんなの アトピー相談 フリー
プール授業のため一時的にステロイドを使うか迷っています
梅雨から初夏にかけて気をつけたい生活のポイント フリー
これから梅雨?初夏と、少しずつ気温と湿度が上昇してくる季節です。汗や紫外線の対策、感染症の対策など、 この季節にアトピー性皮膚炎の方が気をつけたい生活のポイントについて考えてみましょう。
みんなのアトピー相談 フリー
4月から高校生、これから先、どうしていいかわかりません!!
アトピー悪化を防ぐ4つのポイント フリー
なぜ、これからの季節は症状が悪化しやすいのですか
アトピー悪化を防ぐ4つのポイント(原因) フリー
なぜ、これからの季節は症状が悪化しやすいのですか
みんなのアトピー相談 フリー
いくら頑張っても症状が改善しません
アトピー克服のキホン 後編 フリー
気温が下がることで湿度も下がり、より乾燥しやすいので注意が必要です。適切なスキンケアと入浴で、寒い冬を上手に乗り切り、肌の状態を維持、さらにアップ(回復)させましょう
アトピー克服のキホン 前編 フリー
気温が下がることで湿度も下がり、より乾燥しやすいので注意が必要です。適切なスキンケアと入浴で、寒い冬を上手に乗り切り、肌の状態を維持、さらにアップ(回復)させましょう
みんなのアトピー相談 フリー
あご、首、デコルテに久しぶりの症状悪化。原因がわからない
みんなのアトピー相談 フリー
かゆがる子どもの姿をみるのがつらい
読者が教えるアトピー改善のためのスキンケア術 フリー
「薬物治療とスキンケアを併用しながら状態の改善がみられた」「薬の使用が減った」という6名の読者の方にお話を聞きました。
読者が教えるアトピー改善のためのスキンケア術 フリー
「薬物治療とスキンケアを併用しながら状態の改善がみられた」「薬の使用が減った」という6名の読者の方にお話を聞きました。
読者が教えるアトピー改善のためのスキンケア術 フリー
「薬物治療とスキンケアを併用しながら状態の改善がみられた」「薬の使用が減った」という6名の読者の方にお話を聞きました。
読者が教えるアトピー改善のためのスキンケア術 フリー
「薬物治療とスキンケアを併用しながら状態の改善がみられた」「薬の使用が減った」という6名の読者の方にお話を聞きました。
ジェル活用で肌トラブルを解消しよう フリー
ローションなみの保水力にあわせて一定の保湿力も持ち合わせるジェルを活用すれば、夏の肌トラブルも快適にケアできます。そんなジェル系の2つのアイテムを使った上手な肌のケアを紹介しましょう。
夏のさっぱりスキンケア フリー
アトピー性皮膚炎の方にとって、夏場は冬場とは違った観点でのスキンケアが大切になります。詳しくは、今月の特集をご覧いただきたいと思いますが、ここでは、あとぴナビで取り扱っているアイテムを上手に活用しての、具体的なスキンケアの仕方について見ていきたいと思います。
アトピー肌にやさしい夏のスキンケア フリー
夏に向かって暑くなるこれからの季節、アトピー肌に要注意なのはヘルペスなどの感染症。さらには紫外線によるダメージも心配です。そんな夏でもアトピーが悪化しない、改善の方向に向かうためのスキンケアのコツを伝授します。
真冬のスキンケア・ポイント フリー
寒さもピークに達する2月は、最も念入りな冬のスキンケアが必要となる時期。「真冬の対策」をしっかり行いましょう。特に季節の変わり目に悪化しやすい人は、冬の後に訪れる春先に調子を崩しがちです。それを防ぐためにも、今の時期から肌のコンディションを整えることが大切です。
12~1月のスキンケア・ ポイント フリー
冬は肌の乾燥が激しくなる季節。ますます寒さが増してくるこれからの時期は、冬仕様のスキンケアでしっかりとした乾燥対策が必要です。冬を快適に過ごすためのスキンケアを身につけましょう。
秋から冬に向けてのアトピーケア フリー
長かった残暑も終わり、気温は一気に冷え込んできました。過ごしやすい秋はあっという間に過ぎ、すぐに冬がやってきます。空気が乾燥する冬が一番苦手、という方は多いでしょう。これからの季節、肌の状態を落とさないためのスキンケアと入浴の方法について考えていきましょう。
8月のスキンケアと入浴のポイント フリー
8月は夏真っ盛り。近年の状況を考えると、残暑も長引く傾向があります。9月いっぱいは夏対策を考えていくことが必要でしょう。今月は、スキンケアや入浴だけではなく、生活面も含めた対策について考えていきたいと思います。
7月のスキンケアと入浴のポイント フリー
梅雨から初夏に向かう7月は、感染症、ダニ、紫外線など、肌トラブルの原因が多い時期。そこで今月は、スキンケアに焦点を絞って対策をお伝えします。
乳幼児のアトピー対策 感染症対策 フリー
乳幼児はかき壊しやすく、大人よりも感染症に注意が必要。感染症を予防するためのポイントを押さえて、快適な夏を迎えられるようにしてあげましょう。
6月のスキンケアと入浴のポイント フリー
梅雨、初夏に気をつけたい栄養素とは?
乳幼児のアトピー対策初夏のケア フリー
乳幼児のアトピー対策では、成人とは違った観点から、治療法、皮膚のケア、生活面の注意が必要になります。
4月のスキンケアと入浴のポイント フリー
春は寒暖の差が激しく、自律神経のバランスも崩しがちな季節。紫外線や汗対策も必要になってきます。
3月のスキンケアと入浴のポイント フリー
春先は肌の状態が不安定になりがちな季節。肌の調子を落とさないために、この時期のスキンケアと入浴のポイントをおさえましょう。
2月のスキンケアと入浴のポイント フリー
寒さもピークを迎えます。乾燥と冷えが大敵のこの時期、自分にあったスキンケアと入浴が行えているか相談してみましょう!
12月のスキンケアと入浴のポイント フリー
今年も残り1カ月となりました。本格的な冬に備えて、乾燥がいっそう激しくなる季節のスキンケアと入浴のポイントについて考えていきましょう。
11月のスキンケアと入浴のポイント フリー
秋も深まってきました。これから冬を迎えるにあたって、アトピー性皮膚炎の方が気をつけたいスキンケアと入浴のポイントについて考えていきましょう。
秋冬を快適に過ごすアトピーケア フリー
監修/岩居 武 (いわい たけし) 医学博士
今月は、秋冬に向けて、アトピー性皮膚炎の状態をアップさせるスキンケアと入浴のコツをお伝えします。
秋冬を快適に過ごすスキンケア フリー
ステロイド剤などの塗り薬を使っている場合、秋冬のスキンケアではどんなことに気をつけたらよいでしょう?塗り薬の種類別、症状別にポイントを整理してみましょう
残暑の季節のスキンケアポイント教えます フリー
これからの季節は温度が高い分、乾燥対策がついおろそかになりがち。 でも水分を失った角質層はかゆみを生じやすいので、注意が必要です。 残暑の時期の乾燥対策について考えていきましょう。
アトピー夏のお悩み相談室 フリー
紫外線、汗のトラブル、冷房、食欲不振、夏バテ…etc. 「蒸し蒸しする夏は、症状が悪化しやすい」という人は意外に多いもの。 そして、夏に症状を悪化させず快適に過ごすことは、寒くなって乾燥する時期のコンディションを整える準備にもなるのです。 夏を快適にすごしたい読者さんのお悩みに答えます。
春はアトピー悪化に要注意!入浴&スキンケア Step1、Step2、Step3 フリー
冬を迎え、乾燥が気になる季節です。アトピー性皮膚炎の場合、皮膚の適切なケアを行うことは、症状の悪化を防ぐためにも大切です。
アトピー性皮膚炎 皮膚の症状別スキンケア case10、case11、case12 フリー
冬から春にかけての季節の変わり目は、気温の上昇・湿度の変化・汗・紫外線・環境の変化など、アトピー性皮膚炎が悪化する要因が多い時期。春に状態を悪化させると、夏まで悪い状態を引きずりがちになります。特にステロイド剤など免疫抑制の薬を使用している場合、夏に感染症などのさらなる悪化を招くことも。春を乗り切るためのアトピー対策で、快適な日々を手に入れましょう。
アトピー性皮膚炎 皮膚の症状別スキンケア case7、case8、case9 フリー
冬を迎え、乾燥が気になる季節です。アトピー性皮膚炎の場合、皮膚の適切なケアを行うことは、症状の悪化を防ぐためにも大切です。
アトピー性皮膚炎 皮膚の症状別スキンケア case4、case5、case6 フリー
冬を迎え、乾燥が気になる季節です。アトピー性皮膚炎の場合、皮膚の適切なケアを行うことは、症状の悪化を防ぐためにも大切です。
アトピー性皮膚炎 皮膚の症状別スキンケア case1、case2、case3 フリー
冬を迎え、乾燥が気になる季節です。アトピー性皮膚炎の場合、皮膚の適切なケアを行うことは、症状の悪化を防ぐためにも大切です。
アトピー改善のためのスキンケア教室 フリー
スキンケアの方法はもちろん、汗のかき方から食事など、ホリスティックな視点からの生活全般のアドバイスが好評なスキンケア教室。自分に合ったスキンケアを探している人は要チェックです!
アトピー改善のためのスキンケア教室 フリー
「参加してよかった」「スキンケアの様々なノウハウに“なるほど”と思った」「この方法ならうまくいきそう」などなど、参加した皆さんからたくさんの喜びの声をいただいているスキンケア教室。今月も、3 組の方々のケースを紹介します。第3弾
アトピー改善のためのスキンケア教室 フリー
「参加してよかった」「スキンケアの様々なノウハウに“なるほど”と思った」「この方法ならうまくいきそう」などなど、参加した皆さんからたくさんの喜びの声をいただいているスキンケア教室。今月も、3 組の方々のケースを紹介します。第2弾
アトピー改善のためのスキンケア教室 フリー
「参加してよかった」「スキンケアの様々なノウハウに“なるほど”と思った」「この方法ならうまくいきそう」などなど、参加した皆さんからたくさんの喜びの声をいただいているスキンケア教室。今月も、3 組の方々のケースを紹介します。第1弾
アトピー改善のためのスキンケア教室 フリー
読者の皆さんから問合せ殺到のスキンケア教室。今月は、もう一歩のところで足踏みしている人のためのスキンケアのポイントをお伝えします。「部分的に残った症状がなかなかなくならない」という上垣拓郎さん(28 歳)へのアドバイスは?
>アトピー改善のためのスキンケア教室  経過レポート フリー
「アトピー改善のためのスキンケア教室」に参加した皆さんからは、その後も継続して症状やケアについての相談を受けています。季節や生活の変化によって症状は変化しますが、毎日のスキンケアを適切な方法で行えば、少しずつでも着実に症状は改善していきます。
アトピー改善のためのスキンケア教室 フリー
大好評のスキンケア教室。今月は、汗をかく季節が苦手な人のためのスキンケア・アトピーケアのポイントを お伝えします。「春先から夏にかけての季節が苦手」という榊真由美ちゃん(7 歳)へのアドバイスは?
アトピー改善のためのスキンケア教室  経過レポート フリー
6月号から毎号連載している「アトピー改善のためのスキンケア教室」。参加した皆さんからは、短期間での思わぬ効果に、驚きと喜びの声が寄せられています
提案 温泉水+オイルでベーシック・スキンケア フリー
大好評のスキンケア教室で、今注目を浴びているスキンケア方法が「温泉水+ オイル」。汗のふき取りから保水、傷の保護まで。様々なケースに応用できて、しかも手軽で簡単! あなたも早速試してみませんか?
アトピー改善のためのスキンケア教室 第2弾(後編2) フリー
アトピー性皮膚炎の皮膚は、バリア機能が低下しています。肌は乾燥しやすく、炎症も起こしやすくなっています。だから、毎日のスキンケアは、皮膚のバリア機能低下を補うためにとても大切。軽い乾燥の場合、乾燥が強い場合、炎症がひどい場合…。症状によってスキンケアの方法は変わってきます。いつも使っているアイテムに僅かな工夫を加えるだけで、さらに大きな効果が生まれる。そんなテクニックの数々を誌上公開します。
アトピー改善のためのスキンケア教室 第2弾(後編1) フリー
アトピー性皮膚炎の皮膚は、バリア機能が低下しています。肌は乾燥しやすく、炎症も起こしやすくなっています。だから、毎日のスキンケアは、皮膚のバリア機能低下を補うためにとても大切。軽い乾燥の場合、乾燥が強い場合、炎症がひどい場合…。症状によってスキンケアの方法は変わってきます。いつも使っているアイテムに僅かな工夫を加えるだけで、さらに大きな効果が生まれる。そんなテクニックの数々を誌上公開します。
アトピー改善のためのスキンケア教室 第2弾(前編) フリー
アトピー性皮膚炎の皮膚は、バリア機能が低下しています。肌は乾燥しやすく、炎症も起こしやすくなっています。だから、毎日のスキンケアは、皮膚のバリア機能低下を補うためにとても大切。軽い乾燥の場合、乾燥が強い場合、炎症がひどい場合…。症状によってスキンケアの方法は変わってきます。いつも使っているアイテムに僅かな工夫を加えるだけで、さらに大きな効果が生まれる。そんなテクニックの数々を誌上公開します。
アトピー改善のためのスキンケア教室(前編) フリー
アトピー性皮膚炎の皮膚は、バリア機能が低下しています。肌は乾燥しやすく、炎症も起こしやすくなっています。だから、毎日のスキンケアは、皮膚のバリア機能低下を補うためにとても大切。軽い乾燥の場合、乾燥が強い場合、炎症がひどい場合…。症状によってスキンケアの方法は変わってきます。いつも使っているアイテムに僅かな工夫を加えるだけで、さらに大きな効果が生まれる。そんなテクニックの数々を誌上公開します。
アトピー改善のためのスキンケア教室(後編) フリー
アトピー性皮膚炎の皮膚は、バリア機能が低下しています。肌は乾燥しやすく、炎症も起こしやすくなっています。だから、毎日のスキンケアは、皮膚のバリア機能低下を補うためにとても大切。軽い乾燥の場合、乾燥が強い場合、炎症がひどい場合…。症状によってスキンケアの方法は変わってきます。いつも使っているアイテムに僅かな工夫を加えるだけで、さらに大きな効果が生まれる。そんなテクニックの数々を誌上公開します。
みんなの声でつくるスキンケア知恵袋 1 フリー
スキンケア知恵袋は「あとぴナビ会員」様の、実際のスキンケア相談やスキンケアグッズ使用体験談にもとずいて構成しています
塗り薬を使用中の方のためのQOL向上スキンケア フリー
薬を使いながらもQOL(生活の質)を少しでも高めることのできるスキンケアについて、ご自身も自宅温泉湯治でアトピーを克服された経験を持つ岩居医師にお聞きしました。
夏のアトピー対策(1)夏を快適に過ごすためのスキンケア対策 フリー
夏の生活環境には、紫外線や冷房、夏バテなど、アトピー性皮膚炎の人が 気をつけたい悪化要因がいっぱいあります。また、夏をどのように過ごしたかは、 秋以降のアトピー症状にも大きく関わります。 夏にしっかりスキンケア対策をして、快適に過ごしましょう。
アトピーを克服するためのスキンケア基礎知識 &春の紫外線対策 フリー
監修 市橋正光(いちはし まさみつ)神戸大学医学部皮膚科名誉教授
春先はアトピーの症状が悪化しやすい時期。季節の変わり目、激しい気温差、紫外線、花粉、黄砂…。 様々な要因が複雑に絡む季節だからこそ、アトピーケアの基本に立ち返りましょう。 アトピー肌の特徴を知り適切なスキンケアを行うことが、アトピー克服の近道になります。
かゆみのメカニズムとアトピー フリー
監修/高森建二(順天堂大学医学部皮膚科教授・医学博士)
アトピー性皮膚炎のかゆみは、どのように生じているのでしょうか?
どうしてかゆみが現れるのかについて、そのメカニズムと、最近の研究から判明した免疫系以外から関わるかゆみについて解説します。
アトピーと汗
監修/塩原哲夫(杏林大学医学部皮膚科教授・医学博士)
アトピー性皮膚炎の人は、汗をかきにくいこと、そして汗をかかないことがアトピーを悪化させている可能性があります。
汗の役割を正しく知って、そして汗をしっかりかくことで症状改善のヒントを探りましょう。
秋はセラミド、パーフェクト保湿
監修/大久保正智(等々力皮フ科形成外科院長)
空気が乾燥し始める季節です。本格的な冬を迎える前に、肌のバリア機能を補うスキンケアでコンディションを整えましょう。
アトピー肌と乾燥肌のスキンケア
監修/上出良一(東京慈恵会医科大学皮膚科教授・医学博士)
乾燥からお肌を守るためにはスキンケアが欠かせません。正しい皮膚のしくみを知って、アトピー肌や乾燥肌の改善に役立てましょう。

化学物質過敏症とアトピー ユーザー2
監修/宮田幹夫(北里大学名誉教授・医学博士)
最近は、衣食住など生活環境内の化学物質汚染が体に及ぼす悪影響が問題になっています。アトピー性皮膚炎とも関係の深い化学物質について正しく知っておきましょう。
新築じゃなくてもシックハウス? フリー
監修/坂部貢(北里研究所病院臨床環境医学センター長・医学博士)
家の中の空気に含まれる化学物質は、アトピー性皮膚炎が増加している背景に大きく関わり、
また悪化の要因の一つともなっています。化学物質とアトピーとの関係を知り、アトピー対策に役立てましょう。
環境ホルモンとアトピー
監修/坂部貢(北里研究所病院臨床環境医学センター長・医学博士)
生物の性や生殖に大きな影響を与え、社会的な問題となっている環境ホルモンとアトピー性皮膚炎のとの関わりついて考えます。
ペットアレルギーを知って、ペットと仲良く快適に ユーザー1
監修/堀口高彦(藤田保健衛生大学医学部助教授)
アレルギーの原因としてペットの存在が知られています。アトピーだけどペットを飼っても大丈夫なのでしょうか?
すでにペットを飼っている方はもちろん、これから飼いたいと思っている方も、ペットとの正しい暮らし方を知って、
安全・快適に過ごしましょう。

この冬のアトピーケアのポイント ユーザー2
12月から来年2月にかけては、気象庁の長期予報では暖冬の傾向にあり、平年比較で気温、湿度ともに低くなる地域はなく、平年並みか高くなる、という予報が出ています。
春にアトピーを悪化させない3つのポイント ユーザー2
冬から春にかけての季節の変わり目は、アトピー性皮膚炎の症状が悪化しやすい時期です。なぜ、春はアトピー性皮膚炎が悪化しやすいのでしょう? その要因を知ることで、どんな対策を立てればいいのかがわかります。快適な春を過ごすために、3つのポイントを押さえましょう。
春対策で悪化をストップ ユーザー2
監修/山口 公一(社会福祉法人同愛記念病院小児科医長)
春になると何となく心が浮き立ちますが、皮膚にとっては危険がいっぱい。学年が変わったり、新生活のスタートという場合は、心理的ストレスも加わるので、特に注意が必要です。そんな春に気をつけたいアトピー対策をご紹介します。
春はどうしてかゆくなるの
監修/東直行(日本医科大学皮膚科講師・医学博士)
春はアトピー性皮膚炎の方にとって憂鬱な時期。アトピーのかゆみだけでなく、そこに花粉症も加わる人もいるからです。どうして春はアトピーが悪化してしまうのでしょうか。少しでも快適に過ごすために、春のアトピー対策を知っておきましょう。
花粉症対策
監修/木下優子(日本大学医学部東洋医学講座医局長)
春に特有の辛い花粉症の症状が引き金となってアトピー性皮膚炎の症状が悪化することも。
西洋医学的な対症療法だけでなく、漢方医学の「養生」を取り入れることによって、花粉症の症状も最低限に抑えることも可能です。生活改善の方法を知って、春を快適に過ごしましょう。
スピード回復、冬の肌トラブル対処術
監修/北之園明久(グリーンクリニック院長)
冬はアトピーが悪化しやすい季節です。乾燥と寒さで悲鳴をあげているお肌をいたわる、トラブル対処法を紹介します。
夏の肌を元気にするスキンケア
監修/加藤聖子(ヘアメイクアップアーチスト)
夏は汗や皮脂の分泌もさかんになりますが紫外線やエアコンの影響で意外に疲れています。
夏を元気にのりきるスキンケアをご紹介します。
紫外線からアトピー肌を守ろう
監修/市橋正光(神戸大学医学部皮膚科名誉教授)
紫外線の浴びすぎは肌を痛める原因になります。アトピー性皮膚炎の克服のためにも、
無意識に浴びがちな紫外線の害を減らすことが大切です。アトピーの方が気をつけたい紫外線対策について知りましょう。
冬のアトピー回復改善大作戦
冬はアトピー症状が悪化しやすい季節。日常生活の改善ポイントを見つけて徹底的に改善し、
冬に大幅にアトピー症状を改善するための情報です。
夏後のダメージ回復ケアでアトピー改善
夏後は、暑さもやわらぎ、症状が安定する人も多い季節ですが、安心は禁物。
季節の変わり目の秋に向け、体調を維持するために、この時期の過ごし方を見直してみましょう。
夏の快適スキンケア
監修/関東 裕美(東邦大学付属大森病院皮膚科・医学博士)
暑くて過ごしにくい夏はアトピー肌の方にとっても大変な季節です。強烈な紫外線、あふれる汗、海やプールも油断できません。アトピーの増悪因子をシャットアウトする方法を知っておきましょう。
元気で快適な夏の過ごし方Q&A
夏は、強烈な紫外線、あふれる汗などで、アトピー肌の方にとっては大変な季節です。
また、海やプールも油断できません。そんな夏を少しでも快適に過ごすために、
アトピーの増悪因子をシャットアウトする方法を知っておきましょう。
秋冬の肌力は夏の湯治が決め手!発汗力アップのススメ
秋冬の症状改善・安定には「夏の湯治」で汗をかくことが大切になります。そのために必要な夏の入浴法について紹介します。

あとぴナビ入浴を始めてみよう ユーザー2
入浴は、毎日の習慣です。そし てそれは、「肌に一番影響を与え る習慣」でもあります。  ですからアトピー肌の場合は、 まず、肌にやさしい湯質、湯温、 方法でなければなりません。
アトピー改善に役立つ睡眠の話 ユーザー2
睡眠は健康の要。しっかり睡眠を確保できれば、アトピー性皮膚炎の改善にもつながります。それはわかっ ていても、私たちは意外と睡眠について知らないもの。しっかり眠りたくても不眠に悩まされる方も多いはず。 アトピーを改善するために知っておきたい睡眠の基礎知識を、睡眠学の内山真先生にうかがってきました。
アトピー改善に役立つ睡眠の話 ユーザー2
、「どれくらい眠るといいのか?」 「不眠のときはどうしたらよいか?」「快眠のための秘訣は?」など を睡眠学の内山真先生に聞いてきました。
冷え知らず入浴法全て教えます ユーザー2
寒い冬の時期、体の冷えに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?毎日の生活習慣の中で、冷えの改善に役立つのはやはり「入浴」です。「冷え改善」のための効果的な入浴法で、冷え知らずの体になりましょう。
アトピーアレルギーを改善する生活術 ユーザー2
睡眠をしっかりとることはアトピー改善のための重要ポイント。人生の三分の一は睡眠時間と言われ、睡眠環 境を整えて快眠を得ることは、生活の質に大きく関わってきます。アトピー と睡眠との関係を理解して、よりよい睡眠時間を得るよう心がけましょう。
アトピーアレルギーを改善する生活術 ユーザー2
監修:角田 和彦(かくたかずひこ)
かくたこども&アレルギークリニック 小児科・アレルギー科 院長
「アトピーの症状がなかなかよくならない」「春先に調子を崩してしまった」。そんな人は、毎日の生活をもう1度見直してみませんか? 食生活や住環境を一つずつチェックしていくと、普段は見過ごしていた悪化要因が見つかるかもしれません。生活の中に隠れた意外な要因と、その解決方法について説明します。
アトピー改善のための簡単・美味しく作れるレシピ&調理のコツ ユーザー2
監修・調理 / 牧野直子 (スタジオ食(studio coo)主宰、管理栄養士、ダイエットコーディネーター、料理家。)
“冷え”は万病のもと。血液が滞って起る“冷え”は、あらゆる体の不調の原因です。冷えの悩みを解消し、アトピーを改善するコツをご紹介します。
アトピー克服の盲点 冷えを克服してアトピーを改善 ユーザー2
監修/川嶋朗(東京女子医科大学附属青山女性・自然医療研究所・自然医療部門准教授 東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニック所長)
“冷え”は万病のもと。血液が滞って起る“冷え”は、あらゆる体の不調の原因です。冷えの悩みを解消し、アトピーを改善するコツをご紹介します。
佐藤シェフが紹介する季節のレシピ 第1回 ユーザー2
監修/佐藤シェフ
九州ホスメック・リカバリーセンターの料理長・佐藤シェフが、実際に、宿泊者の方にご提供している料理の中から、季節の素材を使って家庭で作れるメニューをご紹介いたします。
アトピー克服の盲点 筋トレで効率的に基礎代謝力がアップする!
監修/石井直方(東京大学大学院総合文化研究科教授)
新陳代謝や血流を良くし、内分泌系や自律神経系の働きを高めてくれる、筋トレなどの無酸素運動。 その効果を利用すれば、もっと効率的に代謝亜アップができるのです。
快眠でアトピー症状の改善を ユーザー2
監修/木俣肇(守口敬仁会病院アレルギー科部長・医学博士)
睡眠不足はアトピー症状悪化の一因にもなります。 そのため、克服に必要なのは「まず、眠る」こと。
睡眠の重要性と眠るための方法について理解し、克服を目指しましょう。
隠れ脂肪肝によるアトピーの発症、悪化にご注意を
監修/木俣肇(守口敬仁会病院アレルギー科部長・医学博士)
脂肪肝は、アトピー性皮膚炎の症状との関係が深いことがわかってきました。食生活の習慣などにより、大人だけではなく、子どもたちにも静かに増え続ける「隠れ脂肪肝」を知り、アトピー改善に役立てましょう。
巻き込み子育てで目指すはたっぷり睡眠、はつらつ子育て
監修/川上 一恵 (小児科学会認定医・医学博士)
アトピーのお子さんをお持ちの多くのママが、お子さんの夜のかゆみに悩まされています。
育児やケアで疲れ果て、一人で悩んでいるママ達のために、読者の方と専門家の先生にお聞きしました。
アトピーが気になるけど運動したい
監修/渡辺 直也(淀川キリスト教病院健康管理増進センター副センター長)
汗をかくとかゆくなるなどの理由から運動をしないと生活習慣病のリスクが増大し、ひいてはアトピーを改善しにくい体にしていることも。運動とアトピーの関係について解説します。
食生活とアトピー
監修/牧野直子(管理栄養士)
忘年会や新年会、それにクリスマスパーティなどお酒の席や外食が増える年末年始は、食生活が乱れやすい季節。
普段よりも食事に気を遣う必要があります。体に優しい食事をとるため気をつけるべきことを知っておきましょう。
睡眠とアトピー
監修/北之園明久(グリーンクリニック院長)
睡眠不足が続くと疲れがとれず、体調を崩しやすいもの。さらに、アトピー発症の引き金になったり
、症状悪化を招くことも少なくありません。大切な毎日の「睡眠」について考えてみましょう。
薬膳食べて、アトピー改善パワーアップ計画
監修/板倉啓子(板倉料理学院院長)
薬膳とは、中国で何千年もの歳月をかけて作られ、今に伝わる食歴のはっきりした安心・安全な料理のことです。
カロリーだけでなく食べる人の体質に合わせ、季節や食べ物の持つ性質、味が体に与える影響などを考えて作る、
おいしくて体を元気にする料理で、体調を整えましょう。


アトピー性皮膚炎総合情報サイト「あとぴナビ」ではアトピー性皮膚炎に関しての情報を広く、深く、ユーザー様に知ってもらうため様々なコンテンツをご用意しております。コンテンツの中にはユーザー様から体験情報等提供していただいておりますコンテンツも含まれる為、無料会員制度をとらせていただいております。
すべてのサービス・コンテンツを無料で提供しております。
会員登録がお済みでない場合は以下のボタンからご登録ください。



あとぴナビのすべてのコンテンツをご利用される場合には無料会員登録が必要です
login
知識ナビ ケアナビ 医療ナビ 乳幼児ナビ 体験ナビ スペシャルナビ
あとぴナビインフォメーション アトピーQ&A あとぴナビブログ あとぴナビSNS 症状別スキンケアの仕方 あとぴナビモバイル facebook アンケート

アトピーを知ろう!あとぴナビJP